興信所・苫小牧市のつぶやき話 また元気になったら調査を頼むな

(株)アイシン興信所  代表の高橋です。

当社は苫小牧市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

先日、マル被との永遠の別れをしてきました。

マル被のご主人は浮気癖が治らず、

当社において10年間の間に5回の調査を奥さんから依頼された。

ご主人は自営業で女性が大好き。

奥さんの目を盗んでは浮気をするのである。

行動が単純で浮気相手ができると急に身だしなみを気にしだし、香水をつける。

すぐに奥さんが気づいて依頼をされるのである。

探偵が浮気の確認と浮気相手を特定すると奥さんはご主人にお灸をすえる。

ご主人は平謝りをするのだが、また浮気虫が騒ぎだす。

その繰り返しであった。

その元気だったご主人が病床に伏してしまったのである。

入院してからのご主人は奥さんに感謝の言葉を毎日、言ってきたそうだ。

「最後まで俺の妻でいてくれてありがとう」

「生まれ変わっても夫婦になってくれ」

入院してから7日目、ご主人が

「いつも浮気をお前にばらした探偵に会いたい」と奥さんに言ったそうだ。

奥さんも軽く聞き流していたのだが次の日も同じことを言ったそうだ。

探偵に奥さんから電話が入り、そのことを聞いたのです。

ご主人が入院して9日目、探偵が病院に伺った。

ご主人は「はじめまして」と笑いながら探偵に言った。

探偵は「僕はいつもお会いしていましたよ」と返す。

一時間ほどの談笑を終えて探偵が帰ろうとすると、

ご主人は最後に「また元気になったら調査を頼むな」と言った。

翌日、ご主人が永眠された。

ご主人、さようなら・・・・

また会いましょう・・・・

 

(株)アイシン興信所 苫小牧市ホームページ

興信所・神恵内村のつぶやき話 相手のつくろった言い訳など無視

(株)アイシン興信所  代表の高橋です。

当社は神恵内村を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

配偶者の浮気が発覚。

例えば夫の浮気。

夫は浮気がバレルと言い訳を言いだす。

「お前は俺が仕事で辛かった時に支えてくれなかった」

「俺が大変な時、お前は自分のことばかりを考えていた」

「この家庭に俺の居場所はなかった」等など。

アナタは相手の言い訳を聞いていると悩んでしまう。

はっきり言いますと浮気の言い訳など聞かなくて良いのです。

相手は自分の浮気をどう正当化しようと一所懸命に考えてきます。

自分でさえ忘れている話を思い出しては

アナタに自分がした浮気という悪事をごまかそうと言い訳をしてくるのです。

浮気はダメなことです。

アナタは「ダメなものダメ」と言って下さい。

相手のつくろった言い訳など無視してください。

そこからが本当の夫婦の話し合いが始めるのです。

 

(株)アイシン興信所  ホームページ

興信所・留寿都村のつぶやき話 俺は命がけで離婚をする

(株)アイシン興信所  代表の高橋です。

当社は留寿都村を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

夫婦の関係は特殊なものです。

夫と妻の関係においてどんなに理不尽な事でも

毎日、配偶者に言われ続けると何となくそうかな?と思ってしまう。

例えば夫が浮気をしている。

妻は事を荒げたくないと当初は黙認をしていた。

にも関わらず夫はを毎日、妻に言い続ける。

「お前には全く愛情はないから別れたほうがお互いのため」

「俺はこの家庭になんの支えも感じない」

「俺は命がけで離婚をする」

「裁判にかけて離婚してもいいんだぞ」

「お前と生活していると仕事に身が入らない」

「今、離婚をしないとお前には1円もやらないぞ」

明らかに屁理屈にもならない理屈でも

夫婦間で毎日、言われるとそんなものかと少し思ってしまう。

これは夫婦という心理的に閉鎖された関係において起こってしまうことです。

だがそれは明らかに間違いです。

単純に自分の浮気がばれないうちに離婚を成立させたい夫の姑息な作戦なのです。

そのようなときは身内や友人、弁護士などに相談をしてください。

夫の言っていることが法的、社会的、常識的、倫理的に

どうなのかを確認してください。

 

(株)アイシン興信所  ホームページ

興信所・島牧村のつぶやき話 まずその浮気相手の女性と戦う・・・

(株)アイシン興信所  代表の高橋です。

当社は島牧村を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

配偶者の浮気問題で悩んでいる方へ。

例えば夫の浮気問題。

夫は浮気がバレルと強引に離婚を迫ってくる。

アナタの人格を全否定するような理屈をこじつけてくる。

「お前とは離婚する。浮気と離婚は関係ない」

「お前と暮らす人生は考えられない」

「お前の作る食事はもう二度と食べたくない」などなど。

アナタは強引な夫に怒りを感じ、夫と戦うことを覚悟する。

だが忘れてはならないのはもう一人の敵である。

アナタの夫と浮気をしている女性である。

その女性は自分が表に出ることもなく、

したたかにアナタの家庭を破壊しているのです。

その女性も自分自身の言い訳として

「たまたま好きになった相手に家庭があっただけ」

「家庭を壊すつもりはないわ」

「自分の夫にすら愛されない妻が悪いのよ」等々、自分の論理武装をしているのでしょう。

夫と戦うことを後回しにしても、アナタはまずその浮気相手の女性と戦うのです。

自分の家庭を守れるのはアナタしかいないのです。

 

(株)アイシン興信所  ホームページ

興信所・寿都村のつぶやき話 浮気発覚のその後・・・

(株)アイシン興信所  代表の高橋です。

当社は寿都村を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

今回は浮気発覚のその後。

探偵社に配偶者の浮気調査を依頼する。

浮気の状況を確認し、証拠を得る。

例えば夫の浮気。

妻が夫に浮気事実を知っていることを告げる。

当初は言い訳と弁解を繰り返す。

「お前は頭がおかしくなったのか、お前の妄想だ」

「仲の良い友人でいろいろな相談相手に過ぎない」

その後、多少の確信部分を告げると

「ホテルには行ったがSEXはしていない」

「ホテルでカラオケをしただけ」

言い訳と弁解に詰まると今度は開き直り。

「お前の目的はなんだ」

「金が目的なのか」

「とにかく出て行け」

妻は話し合いの余地がなくなり裁判になる。

裁判はあくまでも公のものです。

全く関係のない傍聴人が興味を持ってアナタ方の裁判を見に来る。

当然、小さな町では噂が広まる可能性は高い。

夫は社会的立場も信用もなくしてしまい、

浮気相手は「いつも不倫してるんだって」と噂話の主人公。

被害者の妻だって噂話の登場人物である。

全ての当事者が傷つくのです。

浮気にも最低限のルールがほしいですね。

一度は好きになった相手と最後は裁判にしかならない。

できるのなら浮気をした方は謝罪し、裏切られた方は前向きに今後を考える。

浮気の結末は裁判ではなく、話し合いで解決したいものです。

 

(株)アイシン興信所  ホームページ

興信所・余市町のつぶやき話 好きになってしまった相手にたまたま家庭があっただけ

(株)アイシン興信所  代表の高橋です。

当社は余市町を含め、北海道全域で様々な調査を承ります。

今回は罪と罰について。

配偶者を裏切っての浮気。

恋愛は時に人の道徳観や倫理観を麻痺させる病気です。

それが普通の恋愛であれば問題がないし、

また恋愛感情という錯覚がなければ恋愛も成り立たない側面もあります。

だがこれが不倫だと全く話が変わってきます。

誰かを不幸にする恋愛。

例えばアナタが妻子ある男性と恋に落ちる。

障害がアナタの恋愛を盛り上げる。

そして自分自身を納得させる様々な理由を捜すのです。

「好きになってしまった相手にたまたま家庭があっただけ」

「私は家庭を壊すつもりはないわ」

「夫にさえ愛されない妻が悪いのよ」等など。

そしてその夫が言っている自分の妻の悪口や不仲を信じようとする。

「妻とは不仲で何年も前からすでに離婚の合意をしている」

「妻は子供たちの母親に過ぎない、本当に好きなのは君だけだ」

「君がいるから僕は生きていられる」等など。

私は長くこの仕事をしていますが、誰かを不幸にした上での幸せはありません。

アナタも同じ辛さをいずれ味わいます。

家庭を捨てる男はまた次の家庭も捨てるのです。

倫理を説いているのではありません。

探偵の過去の経験と事実なのです。

罪と罰・・・・・

 

(株)アイシン興信所  ホームページ

興信所・仁木町のつぶやき話 ボイスレコーダーの音声

(株)アイシン興信所  代表の高橋です。

当社は二木町を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

今回はボイスレコーダーの音声は裁判においての証拠になるのかの話。

例えば夫の浮気問題。

夫の車の中に置いてあったボイスレコーダーの音声。

浮気相手との車中での会話が録音されている。

場合によっては車中でのセックスの音声さえ録音されていることもある。

また浮気相手と食事をしているところの会話の音声。

場合によってはホテル内での音声。

探偵社などの報告書などによっての映像的な証拠を見せても

「ホテルには行ったのは認めるがセックスはしていない」

また浮気相手の女性が「独身と思っていた」などと裁判で言ってきた場合、

ボイスレコーダーの音声を裁判の証拠にできるよう「反訳」をするのです。

これは専門家が音声を聞き取り、文字にするのです。

そうなった場合、当事者達の会話やセックスの描写まですることになります。

これは相手の反論をシャットアウトすることに有意義です。

ですからボイスレコーダーの音声は反訳をすることによって

裁判の付帯証拠になります。

ですが私はこのブログでいつも書いていますが裁判はあくまでも公のものです。

傍聴人に音声の反訳まで聞かれてしまうことは

すべての当事者が傷ついてしまいます。

できることなら当事者間の話し合いでの解決が望ましいのですが。

 

(株)アイシン興信所  ホームページ

興信所・古平町のつぶやき話 アナタの未来を決めるのはアナタ自身

(株)アイシン興信所  代表の高橋です。

当社は古平町を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

今、夫の浮気や離婚の問題で悩んでいる方へ。

信頼していた夫の突然の裏切り。

アナタの人生は一瞬に真っ黒になってしまう。

暗闇の中で出口さえ見えない。

ですが、どんな暗闇の中でも気づかないだけで光はアナタを照らしています。

例えばアナタに子供がいる場合です。

今までの人生が全て失敗だと思うこともあるでしょう。

だが、今アナタを苦しめている夫が居なければ
あなたの前で微笑んでいる子供も居ないのです。

今の不幸を必然だと受け入れ、自分のこれからの人生を歩む。

アナタの未来を決めるのはアナタ自身なのです。

アナタのがんばっている姿は神様は見ていますよ。

 

(株)アイシン興信所  ホームページ

興信所・積丹町のつぶやき話 「愛」と「情」

(株)アイシン興信所  代表の高橋です。

当社は積丹町を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

今回は「愛」と「情」の話。

配偶者の裏切り・浮気。

時には浮気をした配偶者からの開き直り、こじつけのような理由、

呆れるような言い訳。

浮気問題は解決まで長期化することが多い。

被害者のアナタはだんだんとその裏切った配偶者に「愛」が無くなっていく。

だがもう一方で「情」は消えないのです。

最初からいがみあって結婚する人はいません。

仲の良かった時や楽しかった時期の記憶がアナタを苦しめる。

それが「情」というものかもしれません。

「情」は執着心や依存心を作り出していきます。

夫婦の愛と情・・・・

簡単には割り切れないものです。

 

(株)アイシン興信所  ホームページ