興信所・留寿都村のつぶやき話 俺は命がけで離婚をする

(株)アイシン興信所  代表の高橋です。

当社は留寿都村を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

夫婦の関係は特殊なものです。

夫と妻の関係においてどんなに理不尽な事でも

毎日、配偶者に言われ続けると何となくそうかな?と思ってしまう。

例えば夫が浮気をしている。

妻は事を荒げたくないと当初は黙認をしていた。

にも関わらず夫はを毎日、妻に言い続ける。

「お前には全く愛情はないから別れたほうがお互いのため」

「俺はこの家庭になんの支えも感じない」

「俺は命がけで離婚をする」

「裁判にかけて離婚してもいいんだぞ」

「お前と生活していると仕事に身が入らない」

「今、離婚をしないとお前には1円もやらないぞ」

明らかに屁理屈にもならない理屈でも

夫婦間で毎日、言われるとそんなものかと少し思ってしまう。

これは夫婦という心理的に閉鎖された関係において起こってしまうことです。

だがそれは明らかに間違いです。

単純に自分の浮気がばれないうちに離婚を成立させたい夫の姑息な作戦なのです。

そのようなときは身内や友人、弁護士などに相談をしてください。

夫の言っていることが法的、社会的、常識的、倫理的に

どうなのかを確認してください。

 

(株)アイシン興信所  ホームページ

興信所・寿都村のつぶやき話 浮気発覚のその後・・・

(株)アイシン興信所  代表の高橋です。

当社は寿都村を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

今回は浮気発覚のその後。

探偵社に配偶者の浮気調査を依頼する。

浮気の状況を確認し、証拠を得る。

例えば夫の浮気。

妻が夫に浮気事実を知っていることを告げる。

当初は言い訳と弁解を繰り返す。

「お前は頭がおかしくなったのか、お前の妄想だ」

「仲の良い友人でいろいろな相談相手に過ぎない」

その後、多少の確信部分を告げると

「ホテルには行ったがSEXはしていない」

「ホテルでカラオケをしただけ」

言い訳と弁解に詰まると今度は開き直り。

「お前の目的はなんだ」

「金が目的なのか」

「とにかく出て行け」

妻は話し合いの余地がなくなり裁判になる。

裁判はあくまでも公のものです。

全く関係のない傍聴人が興味を持ってアナタ方の裁判を見に来る。

当然、小さな町では噂が広まる可能性は高い。

夫は社会的立場も信用もなくしてしまい、

浮気相手は「いつも不倫してるんだって」と噂話の主人公。

被害者の妻だって噂話の登場人物である。

全ての当事者が傷つくのです。

浮気にも最低限のルールがほしいですね。

一度は好きになった相手と最後は裁判にしかならない。

できるのなら浮気をした方は謝罪し、裏切られた方は前向きに今後を考える。

浮気の結末は裁判ではなく、話し合いで解決したいものです。

 

(株)アイシン興信所  ホームページ

探偵事務所・留寿都村のつぶやき話 怒りの持続性の話

怒りの持続性の話。

配偶者の浮気が発覚。

当然、裏切られたアナタの怒りは絶頂に達しています。

その怒りをもって相手に対応してしまう。

だが、怒りの維持は難しいのです。

今の怒りで全ての行動を取ってしまうと

その怒りが低下した時に後悔が残ってしまう可能性があります。

例えば、怒りの絶頂の時、相手が謝罪してきたとします。

だがその時のアナタは怒りでその謝罪を受け入れることができない。

結局、離婚に至る。

その後、アナタの怒りが低下してくると離婚を後悔してしまうこともあります。

やはり、浮気問題が発覚した時は時間をかけて考える必要があると思います。

 

 

(株)アイシン探偵事務所 ホームページ

探偵(興信所)留寿都村のつぶやき話 家出人・失踪人の話

家出人・失踪人の話。

失踪・家出をするには本人も相当の葛藤があったはずです。

悩み・苦しみ、失踪・家出をするしか方法は無かったのかもしれません。

だが、それ以上に残された人の不安や悲しみは辛いものです。

息子さんが失踪し、高齢の父と母は朝から夜中まで不眠・不休で探し回る。

我々が調査を承った後も「じっとしていられない」と探されるのです。

今、失踪中・家出中の方々。

電話で一言「自分は無事です」と残された人に言ってあげてください。

あなたも辛いが残された人はもっと辛いのです。

 

 

(株)アイシン探偵事務所  ホームページ