興信所・当別町のつぶやき話 法律は平等なのか?

(株)アイシン興信所  代表の高橋です。

当社は当別町を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

今回は法律は平等なのか?の話。

日本国憲法において「国民の平等」が書かれていますが、

いわゆる夫婦間の家事紛争においては平等ではないのです。

例えば夫婦間の家事紛争ごとにおいて妻は女性で弱者、夫は男性で強者。

調停で夫と妻が争った時、調停員は基本的に妻よりに考えて行くことが多いのです。

妻は弱い、夫は強いとの主観だけで・・・

だが実際は全く逆のケースも存在します。

調停でまとまらず訴訟になる。

「財産分与」「親権」「慰謝料」などにおいても女性有利なことが多いです。

探偵の視点から言えば今の時代はあきらかに夫より妻の方が強いのですが・・

 

(株)アイシン興信所  ホームページ

探偵事務所・当別町のつぶやき話 サーカースの象の話

サーカースの象の話。

何かの本で読んだ話です。

サーカスの象は鎖につながれています。

大人の象の力ではその鎖を引きちぎることはできるのです。

ですが象は不自由なその鎖を引きちぎろうとはしません。

象は小象の時から鎖につながれ、

その時には鎖を引きちぎることはできなかったのです。

だけど大人になった象は小象のときの「できない記憶」があり、

大人になっても引きちぎろうとしないのです。

今、離婚や浮気、失業、失恋などで悩んでいる方。

自分にはもう解決できないと思い込んでいませんか。

色々な経験や知識や精神的な強さは、

自分が思っている成長しているかもしれません。

アナタは自分は小象の力しかないないと思っている大人の象かもしれませんよ。

 

 

(株)アイシン探偵事務所 ホームページ

探偵(興信所)当別町のつぶやき話 相手の素性を知らない交際

最近、急増している依頼について。

「付き合っている彼の本当の名前を知りたい」

「同棲している彼女の素性を調べてほしい」

「彼がもしかしたら結婚しているかもしれない」などなど・・・

交際の定義は時代と共に変化しているのですね。

私が20代の頃、交際をしている相手の住所、名前、

職業など知っていて当然であった。

言い方を変えれば名前、住所くらいを知らなければ

付きあってはいないとの感覚があったように思う。

出会い系サイトやチャットなど匿名での出会いが

多くなり、最初についた嘘がそのままになってしまう。

やはり昨今の様々な事件を見ていると、

相手の素性を知らない交際は危険がある。

 

 

(株)アイシン探偵事務所  ホームページ