興信所・岩内町のつぶやき話 まずは自分で戦う

(株)アイシン興信所  代表の高橋です。

当社は岩内町を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

今、配偶者の浮気や離婚で悩んでいる方へ。

例えば探偵社に浮気調査を依頼する。

そこで不貞行為の証拠を得る。

そして相手に「訴えてやる」と告げる。

ある意味、法律は被害者であるアナタを守ってくれる時もあります。

だが法律に期待しすぎるのも間違いです。

離婚裁判や慰謝料の請求を弁護士を代理人として行うことは簡単です。

ですが離婚や慰謝料の請求についての法律は、

あくまでも民事訴訟に過ぎないのです。

アナタが苦しみ、悲しんだものを法律は所詮、お金で計算してくれるに過ぎません。

アナタが十分に納得できる金額ではないのです。

私はいつも依頼人に申し上げます。

相手を訴える証拠は揃いました。

まずは自分で戦いましょうと。

アナタを裏切った配偶者と何度も話し合い、

例え相手が開き直ったとしてもアナタの感情をぶつけるのです。

またアナタの配偶者と浮気をしていた相手に対しても

アナタは直接、ぶつかっていくのです。

裁判は何度もいいますが、アナタの精神的な苦しみや悲しみを

金額に換算するための場所に過ぎないのです。

「訴えてやる」と相手に言う前に自分の感情を吐き出してください。

その後に裁判でもいいのですから。

 

(株)アイシン興信所  ホームページ

探偵事務所・岩内町のつぶやき話 たかが離婚裁判

最近、非常に強く思うのは裁判官の状況の精査能力の低さです。

裁判官の人事評価で一番、重要な事が「担当事案の処理能力」と言われています。

どれだけの審判を処理したか?

ですから「たかが離婚裁判」。

とっとと片付けてしまおうと思っているのか?

「たかが離婚裁判」との意識を感じるのです。

原告の心の傷をさらけ出して提出した陳述書をほとんど読んでいない。

裁判を傍聴していると、依頼者である原告が

事前に提出してある陳述書をまるで読んでいないことが分かります。

足利事件のような社会の注目を集めている裁判でさえ、あのずさんな内容である。

たかが「離婚裁判」だとの感覚なのだろうか?

人が人を裁く難しさは相当なものであろうと思います。

だが、それでも裁判に救いを求めている当事者には一生の問題です。

このブログを読んでいただいた方へ。

できれば裁判の傍聴に行ってください。

一人ひとりの意識が裁判の公正を維持することになると思います。

 

 

(株)アイシン探偵事務所 ホームページ

探偵(興信所)岩内町のつぶやき話 浮気確認について

浮気確認について。

仮にご主人の浮気を疑った場合、闇雲に問いただしても言い訳をされてしまいます。

当社のホームページに浮気のチェックポイントを記載していますが、

ここでは簡単な確認方法を記載します。

まず基本的なことですが、可能であれば、

ご主人の携帯電話のメールの確認、電話の発信、着信の確認をして下さい。

何らかの言い訳で操作ロックをかけていれば何らかの不審をいだくべきです。

また、ご主人が車を通勤などで使っている場合、

車にナビゲーションが付いているのであれば、

ナビの目的地履歴の確認も必要です。

目的地にホテルの履歴があれば、浮気は確実です。

また、車の1週間単位の走行距離を記録するのも行動推測には重要です。

車の中にボイスレコーダーを置いてみるのも方法の一つですね。

感情的に問い詰めるより、確実に状況推測ができるように準備することです。

 

 

(株)アイシン探偵事務所  ホームページ