探偵(興信所)岩見沢市のよりみち話 浮気問題との戦いは真剣勝負

今日は浮気が発覚した時の話し合いについて。

配偶者に浮気疑惑が浮上し、探偵社に依頼。

不貞行為(浮気行為)の証拠を取得した。

実はこの時に戦いのスタートをするのです。

決してゴールではありません。

弁護士に委任し、交渉を任したとしても、アナタ自身がこれから戦いをするのです。

弁護士は呼び方をかえれば代理人です。

ですから依頼人のしっかりとした意志のもとに動くのです。

この浮気という問題をどう戦うかはアナタ次第です。

ですが、大切なことはアナタが望む方向性を決め、

ブレナイ意志で戦う決断をすることです。

信じていた相手に裏切られ不安、焦り、怒りなど辛い状況にいます。

だけど自分を守ってあげられるのは自分です。

浮気問題との戦いは真剣勝負です。

 

 

(株)アイシン探偵事務所  岩見沢市ホームページ

探偵(興信所)滝川のつぶやき話 浮気の結末について

浮気の結末について。

ある奥さんからの依頼であった。

ご主人の浮気調査である。

当社に依頼をされる前にご主人の不審な行動を奥さんが問い詰めたそうだ。

するとご主人は逆ギレし暴言を奥さんに言ってくる。

「出ていけ」

「証拠もないのにいい加減なことを言うな」

「お前に愛情はない」などなど。

調査結果はやはり浮気をしていた。

相手の女性は二十代でご主人よりかなり若い。

奥さんは悩んだ末に離婚を決意された。

調査を進めていくとその女性は複数の男性と交際をしており、

ご主人もその遊び相手の一人に過ぎなかった。

奥さんと離婚協議をしている時、ご主人はその女性と別れてしまった。

性格に書くと捨てられしまった。

ご主人は奥さんとやり直したいと懇願したのだが、

奥さんの離婚の意志は変わらなかった。

無くしてから分かる大切なもの。

それでは悲しすぎるのですが。

 

 

(株)アイシン探偵事務所  滝川市ホームページ

探偵(興信所)三笠市のつぶやき話 人間の強さについて

今回は人間の強さについて。

人間の強さの秘訣は現状を受け入れること。

私は仕事を通じいろいろな人とお会いします。

ある依頼人のご主人。

奥さんの浮気についての依頼であった。

調査の結果は非常に辛いものであった。

だがご主人は「私の運命です。受け入れます」と話されていた。

その夫婦は離婚をされた。

その後もそのご主人は一切、愚痴をこぼすこともなく、

必要以上に奥さんを責めることもなかった。

「不運を受け入れ、さらに前に進む」

人の強さとはそれなのかもしれません。

 

 

(株)アイシン探偵事務所 三笠市ホームページ

探偵(興信所)奥尻町のつぶやき話 離婚後の浮気発覚

今回は離婚後の浮気発覚について。

何度もこのテーマを書いていますが、やはりこの部分は大切なことです。

配偶者からの離婚要求。

理由は「性格の不一致」

「これ以上、一緒にいたらお互いが不幸になる」

「別々の人生を生きよう」などなど。

お互いが話し合って離婚が成立する。

だが、その後に浮気の事実が発覚。

それもかなり以前から。

当然、自分と結婚していた時からであった。

それを知ったアナタは納得した離婚であったが、急に怒りが湧いてくる。

証拠を取って訴えたいと探偵社に相談。

結論からすると「無理」である。

厳密にいうと婚姻関係が成立している時の

不貞行為(浮気)を立証し、その不貞行為と

離婚との因果関係を裁判で証明できれば、机上の上では可能なのだが、

現実はやはり「無理」である。

裁判になった場合、その裁判官

の審判に寄るが、基本的に慰謝料の支払いまでの判決が出されたケースは稀である。

離婚をする場合は後悔のないように十分な検討をしていただきたいです。

 

 

(株)アイシン探偵事務所  ホームページ

探偵(興信所)大成町のつぶやき話 探偵社の選び方のポイント

今日は探偵社の選び方のポイント。

インターネットを見ると当社を含め、たくさんの探偵社の広告が出てきます。

探偵社は調査手法ならびに個々に得意分野を持っています。

探偵社選びの第一は複数の探偵社に問い合わせをすることです。

調査費用を較べることも当然ですが色々な探偵社に話を聞くと、

だんだんと話をしているうちにその探偵社の知識を含めての

クオリティーが見えてきます。

また、ホームページを確認する際は、その探偵社の会社概要を見てください。

ホームページにあたかもその地域の探偵社

と錯誤されるようなことが書いているが東京にしか拠点がない。

そのようなところはやはり避けるべきです。

探偵調査は特殊なものです。

東京の探偵社が北海道の調査を行うのは無理があるのと、

経費と称する費用の加算も考えられます。

探偵社に依頼をする際は十分に精査してください。

 

 

(株)アイシン探偵事務所  ホームページ

探偵(興信所)せたな町のつぶやき話 恋愛の延長が結婚ではない・・・・

今日は恋愛と結婚について。

当社は毎日、たくさんのご相談をいただくのですが、

最近、増えてきたのが結婚調査。

例えば、交際して3年目。

お互いに結婚を前提に交際をしていたのだが、最近、彼の様子がおかしい。

その点も踏まえての調査をしてほしいとの依頼。

調査をしてみると、その彼には複数の女性との交際が発覚。

確かに話し上手で女性に好感をもたれるような男性であった。

だが、勤務先での評判は決して良いものではなかった。

調査を進めて行くと、その男性には多額の借金があった。

以上を依頼人の彼女に報告をした。

恋愛においては楽しく、自分がくつろげる相手が良いのは当然である。

だが、結婚は全く違います。

人生という船に一緒に乗り込むことです。

仮に船が沈めば、場合によっては二人とも死んでしまうのです。

もう一方、法律的解釈では恋人と配偶者では全く異なってきます。

恋愛の延長が結婚ではなく、

結婚を決断する前に、交際の記憶をリセットし、

本当に一緒に船に乗ってよい人物かを考えることが必要と思います。

探偵(興信所)乙部町のコラム 出会い系サイトでの出会い

当社には様々なご相談が寄せられます。

我々、探偵は全ての問題とはいえませんが

調査を行うことによって解決の糸口、方法をご案内することができます。

だが探偵も悩む相談ごとがある。

ある女性からの依頼であった。

妊娠をしたことを彼に告げた。

翌日から連絡が取れない。

携帯電話が解約されたのだ。

彼を探して欲しいとの調査依頼であった。

彼とは出会い系サイトで知り合った。

名前・携帯電話番号・年齢・勤務先以上の情報である。

住所ははっきりと教えてくれなかったらしい。

調査によって判明した結果は名前は嘘、年齢も嘘、

勤務先は本当、既婚者であった。

全てを依頼人の彼女に報告。

彼女は泣き出してしまったのだ。

例えばその彼に小額の慰謝料を請求することは可能であろう。

だが、彼女の傷ついた心を補う金額にはならない。

ある意味、妊娠については彼女の自己責任も出てくる。

サイトやネットでの匿名の出会いを否定するには

時代が進みすぎているのかもしれない。

やはり妊娠は色々な準備をする必要があります。

アナタが傷つくよりせめて避妊をして下さい。

 

 

(株)アイシン探偵事務所 ホームページ

探偵(興信所)厚沢部町のつぶやき話 自己責任について

今日は自己責任について。

今、浮気や失業、失恋、病気などで悩んでいる方へ。

これはあくまでも私が利用している考え方のコツです。

人生には予期しない問題が降りかかってきます。

「なぜ自分が」

「俺だけがどうして」

「あいつのせいだ」

だけど何かのせいにしたり、誰かの責任にしたりする。

だけど、やはり辛い。

そんな時、逆転の発想をしてみる。

自己責任である。

突然の失業。

だけどその会社を選んだのは自分。

また自分はその会社の業績に貢献したのか。

配偶者の浮気発覚。

その配偶者を選んだのは自分。

またその配偶者に対して心を配っていたか。

やはり全て自分で選んでいるのである。

今、悩んでいる問題を自己責任と自覚すると

その悩みの苦悩が少し楽になるかもしれません。

 

 

(株)アイシン探偵事務所  ホームページ

探偵(興信所)夕張市のつぶやき話 迷うことの苦悩

今回は迷うことの苦悩について。

浮気問題、離婚、失業、失恋。

人生は想定外の問題に直面します。

そんなとき、起こった問題より辛いのが迷いです。

信じていた相手に浮気相手がいた。

そのとき、次にどうするのかが自分自身で決まると悩みが少し楽になります。

だが、離婚するのも辛い。

このまま見過ごすのも辛い。

探偵に依頼し戦うのも辛い。

どうしてよいかわからない。

この状況が一番に辛いです。

ひとつの提案ですが、結論が出せない期間、

ノートに自分の思い付く言葉をどんどん書いてみる。

「離婚する」

「離婚したくない」

「憎い」

「許さない」

など力を込めてノートに書いてください。

そして最後のページに自分のこれからの答えを書いてください。

その後、迷いがでたら、その最後のページを見て

「私自身が決めたこと」と確認をしてください。

人生にとって一番の苦悩は迷いです。

 

 

(株)アイシン探偵事務所  夕張市ホームページ

探偵(興信所)上ノ国町のつぶやき話 現在の浮気事情について

今回は現在の浮気事情についての話。

男性の草食化、肉食女子などと言われていますが、

それをもっとも実感しているのが我々、探偵かもしれません。

以前[20年以上前]はほとんどが夫の浮気調査。

妻の浮気調査などは異例であった。

だが、最近は妻の浮気調査が多いのです。

そのとき、妻は完全に開き直り。

夫は子供が小さいからと離婚を思いとどまる。

以前とは全くの逆転である。

男性と女性の性質が時代ともに変化してきているのでしょうね。

 

 

(株)アイシン探偵事務所  ホームページ