興信所・鶴居村のつぶやき話 弁護士には遠慮しない

(株)アイシン興信所  代表の高橋です。

当社は鶴居村を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

今回は弁護士との対応について。

離婚問題などで当事者間での話し合いがつかず、

弁護士を代理人に立てて交渉や裁判になる。

その時にまず考えなくてはならないのが弁護士選びです。

この弁護士選びは安易に紹介や知合いなどの基準で妥協せずに複数の弁護士に会い、

信頼のおけそうな弁護士に委任して下さい。

さらに大切なのが委任した弁護士に遠慮しないことです。

一般の人は弁護士を神格化してしまう傾向がある。

また自分の一大事において助けてほしいとの思いもある。

そのようなことから自分の思っていることを弁護士に遠慮して言えない人がいる。

弁護士によっては依頼人の希望が面倒な場合、

「そのようなことは法律では認められない」と強引に話を進めてくることもある。

このような傾向は比較的若い弁護士に多い・・・・

いずれにしても弁護士は法律家というサービス業なのです。

仮に裁判に負けたとしても最終的には自己責任です。

ですから自分の委任した弁護士には

遠慮せずに今後の望む方向性などを伝えてください。

 

(株)アイシン興信所 釧路ホームページ

探偵事務所・鶴居村のつぶやき話 浮気証拠を取ってからどうするのか・・・

(株)アイシン探偵事務所  代表の高橋です。

当社は鶴居村を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

今回は浮気証拠を取ってからどうするのかの話。

配偶者の浮気発覚。

そして探偵社に調査を依頼する。

配偶者の浮気証拠を得る。

だがこれでゴールではないのです。

裏切った配偶者に慰謝料と離婚の要求をする。

その時、相手がそれを認めてアナタの要求する慰謝料を支払えば良いのですが、

なかなか想定通りにはいきません。

弁護士に委任し、交渉継続をするのか?

訴訟に持ち込むのか?

身内の第三者を入れて話し合う?

またアナタが離婚を望まないのであれば

その証拠を元に浮気相手に交際中止ならびに慰謝料の請求。

配偶者が開き直っている場合、別居を試みて、婚姻費用の請求をする。

夫婦円満調停の申し立て等々。

浮気証拠はアナタに取って強力な武器になります。

その武器をどう使うかを考えなくてはなりません。

 

(株)アイシン探偵事務所  ホームページ

探偵(興信所)鶴居村のつぶやき話 心の浮気について

心の浮気について。

我々、探偵社は家庭内の紛争事を調査によっ全てではありませんが

解決に導くことができます。

ただ、非常に困難なのが「心の浮気」です。

以前、ご主人の依頼で奥さんの浮気調査を行った。

行動からは全く浮気の事実は出てこない。

さらに様々な調査を進めていくと奥さんには結婚前から

連絡を取り合っている男性がいたのである。

その男性とは訳があって結婚が出来なかった。

その後、ご主人と知り合い結婚に至ったのである。

奥さんとその男性とは食事に行ったりホテルに行くなどの密会はなく、

メールや携帯電話などで連綿と連絡を取り合っているのである。

この状況では法的に不貞行為にはならないだろう。

だが、メールで「生まれ変わったら結婚しよう」

「好きなのはアナタだけ」などのやり取りをしているのである。

ご主人としては容認できるものではないだろう。

探偵は何度もご主人と協議を行った。

ご主人は最終的に奥さんに調査を行ったことを告げた。

やはりご主人は奥さんとの離婚を決断された。

身体の浮気も辛いが、心の浮気はもっと辛いものです。

 

 

(株)アイシン探偵事務所 ホームページ