興信所・釧路市のつぶやき話 ライン・メールでの自爆

(株)アイシン興信所  代表の高橋です。

当社は釧路市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

メール・ラインの話

携帯電話のメールは非常に便利であり、

現在の社会においては必要不可欠なものです。

だが同時に間違って使ってしまうと命取りになることもあります。

例えば怪しい行動をしている夫。

ある日、妻の携帯に夫から「今日、いつものところで8時ね」とメールが来る。

間違って浮気相手に送るメールを妻におくってしまったのである。

また別の例では夫の不信な行動を怪しんで探偵に依頼する。

同僚女性との浮気が確認される。

ある日、夫と浮気相手の女性が数度目のホテルに行く。

探偵の連絡を受けて妻が夫に「○○ホテルに行っていたのですね。御苦労さま」と

送ったところ、すかさず夫からメールがくる。

「妻にばれてた」と・・・・・

浮気相手に送ろうとしたメールを間違って妻に送ってしまったのだ。

完全に自爆・・・・・・・・・・・

また浮気を止めない夫。

強引に妻に離婚を迫ってくる。

妻が探偵に調査依頼をして、浮気証拠を得る。

夫婦の間でこう着状態が続く。

ある日、夫からメールが来る。

意味不明な主張をしてくるがまともな内容ではない。

おそらくは思うようにいかないため、やけ酒を飲んで

酔っ払って書いたメールであろう。

これも妻にそのメールを保全され、自爆・・・・・・・・・・・・・・・

浮気をしている方はくれぐれもメール・ラインの取り扱いにご注意を・・・

 

(株)アイシン興信所 釧路市ホームページ

釧路・探偵のつぶやき話 匿名の出会いとストーカー

(株)アイシン興信所  代表の高橋です。

当社は釧路市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

最近、ストーカーの相談が急増しています。

そのほとんどがネット系の出会いが起因になっています。

モバげー、グリー等のゲーム・・・

アメーバーやミクシーなどのブログ・・・

共通していることは匿名性の出会いであることです。

そのような出会いの中で安易に個人情報を教えてしまう。

そして付きまとわれる。

だが付きまとっているストーカー達は

自分がストーカーをしている意識が極めて希薄なのです。

ネットの中でのやり取りと現実のやり取りの区別がついていないのです。

教えてもいないのに「さっき君の家を見てきたよ」

「君の学校を知っているよ」

「昨日、○○に行ってたよね」等など。

当然、付きまとわれている方は恐怖である。

だが付きまとっている方は何となくしているのである。

匿名でのネット上のやり取りで何気に言ったことが

ストーカー達の情報になり、アナタが特定されてしまうのです。

匿名での出会いについては細心の注意が必要です。

 

 

(株)アイシン探偵 釧路ホームページ

探偵事務所・釧路市のつぶやき話 自分の心の声について

(株)アイシン探偵事務所  代表の高橋です。

当社は釧路市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

今回は自分の心の声について。

今、配偶者の浮気や離婚問題で悩んでいる方へ。

アナタは怒りや不安、挫折感で出口のない悩みの中に入ってしまう。

そして意地や強がりによって離婚を選択する。

ですが、それは本当のアナタの「心の声」ですか?

「心の声」はいろいろなものにかき消されてしまいます。

静かに落ち着いて、ゆっくりと自分の心の声を聞いてください。

 

(株)アイシン探偵事務所  釧路ホームページ

探偵事務所・釧路市のつぶやき話 家出人・失踪人調査について

(株)アイシン探偵事務所  代表の高橋です。

当社は釧路市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

今回は家出人・失踪人調査について。

アナタの大切な人の突然の家出・失踪。

その時、アナタは辛くても様々な可能性を視野に入れなければなりません。

例えば、夫の失踪の場合、愛人女性と行動しているとは思いたくありません。

また、自殺の可能性など考えたくないです。

ですが的確な家出・失踪調査をするためには

その考えたくない可能性も視野にいてなければなりません。

家出・失踪のご相談を承る時、

「それはありえません」「それはないです」と

ご相談に来られる家族の方はお話をされます。

家出・失踪すること自体が非常事態なのです。

探偵は家出・失踪調査はすべての可能性を考えて、探していきます。

 

(株)アイシン探偵事務所  釧路市ホームページ

探偵(興信所)釧路市のつぶやき話 不倫について・・・・

不倫について・・・・。

当社には毎日、たくさんのご相談をいただきます。

辛い内容として不倫中の男性の子を妊娠してしまった女性からのご相談などである。

倫理的に言えばその女性が加害者である。

場合によってひとつの家庭を壊すかもしれない破壊者である。

テレビドラマなどで「好きになった相手にたまたま家庭があっただけ」

などのセリフには憤りを感じます。

だが現実にたくさんのそのようなご相談が寄せられる。

堕胎するなどの軽はずみなことは当然に言えません。

命のことです。

だかそのような状況で全てを幸せに導く方法もありません。

浮気、不倫はその二人の責任で行ってください。

その責任のひとつとして、避妊はきちっとしてほしいです。

悲しい結末をいつも見ている探偵は思います。

 

 

(株)アイシン探偵事務所 釧路市ホームページ