探偵事務所・標茶町のつぶやき話 不幸を受け入れてみる・・・

(株)アイシン探偵事務所  代表の高橋です。

当社は標茶町を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

今回は不幸を受け入れてみることの勧めについて。

今、配偶者の浮気や離婚で悩んでいる方へ。

信じていた相手の突然の裏切り。

アナタは自分に降りかかってきた不幸をどのように受け入れて良いのか分からない。

起きてしまった不幸に悩むより、

その不幸を受け入れてしまってはどうでしょうか。

例えばアナタを裏切ったその配偶者を選んだのはアナタ。

だとしたら今の不幸を開き直って受け入れてしまう。

不幸を不幸と思うより、自分の選んだ人生と考えてみる。

今のアナタの辛さが少し楽になるかもしれません。

たかが探偵のアドバイスでした。

 

(株)アイシン探偵事務所  ホームページ

探偵(興信所)標茶町のつぶやき話 親権を争った時に母親が絶対的に優位と「虐待」

最近、親権についてのご相談が増えております。

現在も裁判所の審判では父親と母親で親権を争った時に母親が絶対的に優位である。

だが、昨今の子供の虐待などのニュースを見ていると、

一概にそうだといえるのだろうか?

内縁関係の男性に虐待を受ける。

それを止めようともしない母親・・・

この仕事をしていると世の中の

母親の母性の低下を非常に感じます。

父親の方が親権者、観護者として適切な場合も増えています。

また母子手当てはあるのだが父子手当てはありません。

国民は法の上では平等のはずなのに。

裁判官の方にお願いです。

離婚後の親権者、観護者は子供の一生を左右する大切なことです。

陳述書や答弁書をほとんど読まず子供が小さいうちは、

母親が適切などの短絡的判断をせず、

個々の状況をしっかりと精査し審判を出してください。

 

 

(株)アイシン探偵事務所 ホームページ