興信所・白老町のつぶやき話 離婚届けの不受理申し立て

(株)アイシン興信所 代表の高橋です。

当社は白老町を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

今回は「離婚届けの不受理申し立て」について。

例えば妻の不審な行動。

探偵社に調査を依頼するとやはり浮気は現実であった。

夫は浮気相手の男性と妻に対して慰謝料の請求と

今後の離婚協議に入る予定を立てる。

まずは妻と話し合いを行う。

妻は開き直り、夫の感情をあおってきた。

そしてこともあろうか夫は署名、捺印をした離婚届けを妻に投げつけてしまった。

妻はその離婚届けを持って家を出てしまった。

その後、夫から探偵に電話が入る。

「あまりに頭にきたので離婚届けを投げつけてやりました」と。

探偵は唖然としてしまう。

その離婚届けが出されてしまうと基本的に何もできない。

慰謝料の請求も厳密にいえば出来なくもないが、

離婚成立後では方法は極めて限られてしまう。

探偵は明日、市役所が開くのと同時に

「離婚届けの不受理申出」を出して下さいとアドバイスする。

夫は朝8時に役所の行き、不受理申出を済ませる。

案の定、妻は離婚届けを持って市役所に入ってきた。

時間差2分であった。

もし妻の離婚届けが早ければこの勝負は負けであった。

それからは依頼をいただいた際は

依頼人に必ず「離婚届け不受理申出」をすぐに出してもらっている。

また「離婚届け不受理申出」を出すことは

これから浮気問題と戦う覚悟をするためにも必要です。

(株)アイシン興信所  ホームページ

探偵事務所・白老町のつぶやき話 悩みと不安について

悩みと不安について。

今、浮気や離婚、失業、失恋などで悩まれている方へ。

悩みは新たな不安を呼び、不安は悩みにつながります。

どこかでその連鎖を断ち切らなければなりません。

そこで今の自分の悩みを漠然と頭の中で考えるのではなく、

ノートに書き出してください。

そしてその悩みにおいて、今の自分にできる対処方法を

いくつも思いつくままに書いて下さい。

そうすることによって悩みの本質が見えてきます。

悩みの本質がわかると不要な不安も減ってきます。

心が弱っているときに押し寄せる不安の大部分は現実には起こりません。

「人生において乗り切れないものはない」と

今一度、自分自身に言ってあげてください。

 

 

(株)アイシン探偵事務所 ホームページ

探偵(興信所)白老町のつぶやき話 勇気について

勇気について。

当社には様々な方からのご相談をいただきます。

その中には夫の浮気に悩みそして「脅えて」いる奥様からのご相談をいただきます。

夫の浮気を問いただすことが怖い。

離婚になったらどうしてよいのか分からない。

そうして何年も一人で耐えていたのだ。

まずは相談者の方に申し上げることがございます。

戦う勇気を持ってくださいと。

単に浮気をしている夫と戦い、

その夫をやっつけてことを言っているのではありません。

自分自身と戦い、その浮気問題と戦うことです。

時に耐えることは必要です。

また戦うことが必要な時もあります。

今、アナタはどちらですか?

 

 

(株)アイシン探偵事務所  ホームページ