興信所・遠軽町のつぶやき話 男のやせ我慢の美学について

(株)アイシン興信所  代表の高橋です。

当社は遠軽町を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

今回は男のやせ我慢の美学について・・・・

日本の法律では男女平等を謳っています。

だが現実には明らかに男が不平等を強いられています。

例えば妻の浮気が発覚する。

夫は悩んだ末に離婚を決意する。

だが調停でも偏った考えの調停員たちは妻のかたを持ちたがる。

「 奥さんが浮気した原因はご主人にもあったはずよ 」など等。

冗談じゃない・・・・

妻が他の男とHしていた原因が夫にあるはずがない。

浮気は浮気なのだから。

また親権を争っても、原則として妻が優位である。

夫が一生懸命に仕事をしている間、

妻は子供を放っておいて男とラブホテルに行っている。

だが裁判になると判で押したように

子供が小さなうちは母親が親権者としての判決が出る。

母子手当てはあっても父子手当てはない。

探偵の視点から言えば弱者が妻であるとの認識は逆なのです。

どこまでいっても男は納得できないのです。

私は依頼人のご主人によく申し上げることがございます。

「 男はやせ我慢が美学です 」と相手に自分のやせ我慢の後姿を見せる。

映画の中の高倉健のように・・・・

 

 

(株)アイシン興信所 ホームページ

探偵事務所・遠軽町のつぶやき話 弁護士を立てる前に

配偶者の浮気発覚。

時に離婚を選択する場合もあろうかと思います。

弁護士を代理人に立て、配偶者との離婚について交渉をしてもらう。

そして状況によっては裁判になる。

ですがその前にやってほしいことがあります。

アナタの感情を相手にぶつけることです。

弁護士がアナタの代理人になると、

相手との話し合いは全て自分の弁護士を通じて行います。

弁護士は交渉や裁判を優位に導くプロです。

弁護士がアナタの条件的な要求を相手に承諾させてもアナタの怒りは別です。

弁護士を立てる前にアナタの怒りを思いっきり、相手にぶつけておいて下さい。

そしてその後、弁護士に委任してください。

相手に取らせる責任とアナタの怒りは別物ですから。

 

 

(株)アイシン探偵事務所  ホームページ

探偵事務所・遠軽町のつぶやき話 無駄の勧め

浮気や離婚、失業など様々な問題を

抱えている方への無駄の勧めの話。

悩みはどんどん頭の中で膨らんでいきます。

悩みはどこまで行っても悩みに過ぎません。

そんなときに探偵の提案ですが、あえて無駄な行動をしてみてはどうでしょうか。

普段行かない町に一泊の旅行に行く。

普段、降りることのない駅で下車し、ぶらりと歩いてみる。

今、現実的な悩みに直面している方にそのようなことは確かに何の解決にもならず

無駄に思われると思います。

ですが、一見無駄な行動をすることにより、

今のアナタの悩みを客観的に自分自身で捉えることができるかもしれませんよ。

 

 

(株)アイシン探偵事務所  ホームページ

探偵(興信所)遠軽町のつぶやき話 浮気問題の落ちしどころについて

浮気問題の落ちしどころについて。

配偶者の浮気が発覚。

裏切りを受けたアナタは怒りと不安が押し寄せる。

場合によっては「殺してやりたい」と思われるかもしれません。

結局は被害者であるアナタの落としどころを見つけることになります。

「慰謝料」

「当面の別居要求」

「婚姻費用」

「養育費」などなど。

裏切った相手に対しての要求は色々とあると思います。

ですが、一番に考えていただきたいのが、

被害者であるアナタが挫折感を抱かないこと。

やはり裏切った相手からの謝罪をさせること。

また、アナタの人生にとってやはり大切なものはアナタの充実した「時間」です。

相手を恨んでいる間の時間はやはり「不幸な時間」です。

そのような事も含んで問題の落としどころを見つけていただければと思います。

人生は諦めない限り、幸せに向かいます。

 

 

(株)アイシン探偵事務所 ホームページ