興信所・置戸町のつぶやき話 裁判では相手は嘘を言ってきます・・・

(株)アイシン興信所  代表の高橋です。

当社は置戸町を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

浮気や離婚などの問題が夫婦間で折り合いがつかない場合、

裁判に持ち込まれるケースが近年、増えています。

増えている理由として、離婚率が増えていることも当然だが

もう一つの理由としては、浮気当事者の往生際が悪くなっていることです。

裁判になってもそれは同じです。

裁判という場所においても平気でウソを言ってきます。

「 ホテルには行ったがセックスはしていない 」

「 ホテルではカラオケをしていただけ 」

二人で乗っている車がホテルから出てくるところの

写真についてもその写真は偽造されている等など。

妻側の呆れる嘘としては、日常、おとなしい夫を殴っておいて、

いざ裁判になったら「夫からDVを受けていた」と平気な顔で主張してくる。

いずれにしても相手は平気で嘘を言ってきます。

まるで「言うだけはタダ」と・・・・

そこで感情的になってしまってはダメです。

最初から相手は嘘を言ってくると認識しておき、冷静な対応をしてください。

 

 

(株)アイシン興信所 ホームページ

探偵事務所・置戸町のつぶやき話 別居について

別居についての話。

配偶者の浮気が発覚。

慰謝料をもらっての離婚?

そのまま婚姻関係を継続?

浮気相手に対しての交際中止命令?

様々なことをお考えになるのでないかと思います。

もう一つ、別居をする方法も検討してみてはどうでしょう?

浮気をした配偶者はアナタの存在が希薄になってしまい、他の女性に気持ちが移る。

だが別居をされてみて、アナタの大切さに気づく。

アナタも今一度、自分にとって浮気をした配偶者を

今後、許せるのかを考えることができます。

浮気などの夫婦の大きな危機が訪れた時、別居が解決の糸口になるかもしれません。

 

 

(株)アイシン探偵事務所  ホームページ

探偵(興信所)置戸町のつぶやき話 浮気問題と戦う覚悟について

浮気問題と戦う覚悟について。

配偶者の浮気疑惑。

事実を確認したいが知るのも怖い。

悩みは不安を呼び、更に悩む。

興信所に依頼しようか悩む。

今、そのような問題に直面している人に

一番に必要なことはやはり「覚悟」だと思います。

「事実を知る覚悟」

「最悪の想定に対する覚悟」

「一人で生きる覚悟」

覚悟を持った人は強いのです。

例えば離婚だけは回避したいと思っている人が「離婚を覚悟」した時は強いのです。

自分にとって回避したいことに「覚悟」ができると気持ちに余裕がでてきます。

その余裕が逆にその覚悟を回避することにつながります。

人は覚悟を持つと強いのです。

アナタは自分が思っている以上に強い人なのですから。

 

 

(株)アイシン探偵事務所 ホームページ