探偵事務所・上湧別町のつぶやき話 疑心暗鬼について

疑心暗鬼について。

配偶者の浮気を疑う時、

夫婦の間での「勘」は実にあたっています。

ですから探偵が経験を元にお話しをお聞きしてもあきらかに怪しいのです。

ですが時には「疑心暗鬼」になられている方もいます。

たまに間違い電話がかかってくる。

それだけで相手が浮気をしているとおっしゃるのです。

その他に何か相手の行動の変化はありますか?とお聞きしても、何もないとのこと。

「だけど私には浮気をしているのが分かるのです」を繰り返すだけ。

探偵はご相談者に「浮気の兆し」についてお話をするのだが、

思い込んでいるご相談者には届かない。

人の心は意外ともろいものです。

疑心暗鬼になる前に心のメンテナンスを常にしてくださいね。

 

 

(株)アイシン探偵事務所  ホームページ

探偵(興信所)上湧別町のつぶやき話 浮気調査依頼のタイミングについて

浮気調査依頼のタイミングについて。

当社は様々な浮気調査の依頼を頂きますが、

時として、調査依頼を躊躇するケースもございます。

遅すぎるのです。

例えば、夫からのご相談である。

別居をして2年。

その間、妻と子供には婚姻費用を支払っていない。

ある日、自分の妻が男性と一緒にいるのを友人が見た。

その話が自分の耳にも入ってきた。

そこで探偵に調査依頼を検討する。

ですが、遅いのです。

仮に奥さんとその男性の不貞行為の客観的な証拠を取ったとしても

奥さんは弁護士などを使って「既に婚姻関係は破綻している」と

主張してくると思われる。

婚姻費用も払っておらず、なおかつ別居が2年も経過しているのであれば

奥さんの主張が認められる可能性が高い。

逆に調査依頼をするにあたって「戦う覚悟」ができていなければ

調査依頼は早すぎるのである。

覚悟が定まって証拠が生きてくるのです。

調査依頼は覚悟が出来次第、遅くならない時期に依頼検討が必要です。

 

 

(株)アイシン探偵事務所 ホームページ