興信所・浦臼町のつぶやき話 妻から夫へのDV

(株)アイシン興信所  代表の高橋です。

当社は浦臼町を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

今回はDV被害についての話。

DVと言えば妻が夫に暴力を振るわれる。

だが探偵としての経験から言えば実態は逆のケースが多いのである。

夫が妻からの暴力や虐待が多いのです。

例えば若い夫婦の話。

夫は小柄、妻は体重が100キロ弱。

とにかくこの妻が凶暴なのである。

夫の1か月のこずかいが1,000円。

妻は家事もせず、遊び歩く。

たびたび外泊も繰り返す。

夫が一度、妻に文句を言ったら、包丁を持って暴れだす。

夫の耳の後ろには今も包丁傷が残っているのだ。

その後、夫は妻に何も言えなくなり、

妻が浮気相手と出かけている時はお腹がすいて水を飲んで空腹を満たしていた。

これは極端な例であるが、実態は妻より夫のDV被害が多い。

灰皿を投げつけられて青タンがついてる夫。

お金を抑えられて無一文の夫。

日常的に暴力を振るわれる夫等など。

ここで問題なのは法律や世間の認識が遅れていることである。

妻が振るわれる暴力に関しては

「排除勧告」「保護命令」「接見禁止」などの処置方法があるのだが、

夫が振るわれる暴力については警察も裁判所も弁護士も理解度が低すぎるのです。

 

 

(株)アイシン興信所 ホームページ

探偵事務所・浦臼町のつぶやき話 離婚後に浮気が発覚

毎日、様々なお問い合わせをいただきます。

たいていのご相談は当社の過去の事例や

法的根拠などのアドバイスをさせていただくのですが、

どうにもならないのが離婚後の浮気発覚についてである。

離婚するときはまさか浮気をしているとは思わなかった。

そして協議離婚をした。

離婚が成立した後、いろいろな事実が判明した。

相手が離婚を言ってきた時は「性格が合わない」などの理由であったが、

実は浮気相手と関係が煮詰まっており、そのための離婚要求であったのだ。

それを知ってしまうと怒りが湧いてくる。

当事者にとっては当然である。

だが、結論はどうにもならない。

厳密に言えば過去の状況を客観的に証明し、

不貞行為と離婚の因果関係を証明できれば少額の慰謝料は請求できる。

だが、裁判までいくと思うような審判はでない。

また、過去にさかのぼっての調査は困難な側面もある。

離婚をする際は後の後悔がないように十分に様々なことを点検してください。

 

 

(株)アイシン探偵事務所  ホームページ

探偵(興信所)浦臼町のつぶやき話 問題解決という頂上

当社には毎日、浮気問題で悩まれている方や

浮気問題と戦っている方からのご相談をいただきます。

アナタの現在の状況等によって解決方法は変わってきます。

ただ一つ言える事は今日の全ての問題が、

明日の朝、全て解決していることはないのです。

だが、解決までの階段が100段あっても一段ずつ上ればよいのです。

今、問題解決という頂上を見ても見えないかもしれません。

ですが一段づつ上っていけば解決という頂上が必ず見えてきます。

諦めない限り、問題解決という頂上に必ず、たどり着けます。

 

 

(株)アイシン探偵事務所 ホームページ