興信所・沼田町のつぶやき話 調停を過信しない・・・

(株)アイシン興信所  代表の高橋です。

当社は沼田町を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

今回は調停について考えてみます。

浮気問題や離婚などで当事者間での話し合いが行き詰った場合、

家庭裁判所に調停を申し立てることがあります。

ですが調停に過度の期待をしすぎるのも危険です。

まず調停員ですがいわゆる法律の専門家ではありません。

町の名士といわれる方々が名誉職で行っています。

調停員によっては自分の主観を全ての基準にして

持ち込めれる調停事案を個別に精査しないのです。

また調停は申立人の話を先に聞きます。

本来は先入観を持たず、双方の話を聞いてから

調停の方向性を決めるべきなのですが

やはり先に調停申し立てをし、最初に状況を話した方が

調停員の印象を良くすることができ、優位に進むケースが多いですね。

さらに調停においては演技力も重要です。

例えば妻の浮気問題で離婚せざるをえない夫。

話し合いをしようとしても妻は開き直りと逆上するだけ。

挙句の果てに自分の浮気には触れず、離婚調停の申し立てをしてきた。

夫は妻が浮気をしており、その浮気相手と会うために

小学生の子供を置き去りにして外出しているなどを調停員に告げるのだが、

妻はその前に女優になりきり、涙を流しながら

調停員に夫についての嘘を並べていたのである。

そうなると調停員の方向性は妻の主張を優先し、夫の話を聞こうとしないのである。

また基本的に妻は弱者との先入観を持つ調停員も多い。

実際は逆なケースも多いのですが。

まずは調停を過信せず、入念な準備をして調停に臨むことが大切です。

 

 

(株)アイシン興信所 ホームページ

探偵事務所・沼田町のつぶやき話 怒りの持続について

怒りの持続について。

今、配偶者の浮気で怒りに震えている方へ。

だが、怒りの持続は極めて困難です。

例えば、今のアナタの怒りが1年後、同じ怒りではないのです。

アナタが今の怒りを全てと思い、その怒りのまま行動をしてしまう。

ですが、その行動を一年後のアナタはどう思うのだろうか。

怒りのまま行動するのは簡単です。

だが未来の自分が後悔しないようにしてください。

今のアナタも未来のアナタも自分なのですから。

たかが探偵の独り言・・・・

 

 

(株)アイシン探偵事務所 ホームページ

探偵(興信所)沼田町のつぶやき話 自分の心を明るくできるのは、自分しかいない

当社は日々、たくさんの様々なご相談をいただきます。

今が辛く、生きる希望を全く失いかけている方もいます。

時にどうアドバイスをして良いの分からないご相談もあり、

自分の無能感を感じる時も多いです。

ですが一つだけ申し上げることがあります。

たとえどんなに辛い状況であっても、その辛い暗闇の中に光はあるはずです。

暗闇を見続ければ、やはり心も暗くなります。

どんなに小さい光であったとしても、

その光を見ることによって心に灯りがともります。

自分の心を明るくできるのは、自分しかいないのですから。