興信所・月形町のつぶやき話 離婚後の慰謝料請求について

(株)アイシン興信所  代表の高橋です。

当社は月形町を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

今回は離婚後の慰謝料請求についての話。

このテーマは何度もブログで書いていますが

今日は法律的な視野より実践的な視野で考えてみます。

離婚後に浮気が発覚する。

当初は納得した形での離婚であったが、実は相手が浮気をしていたのである。

怒りと悔しさがこみ上げてくる。

そこで慰謝料の請求を考える。

法律的には離婚前の不貞事実は証明できれば慰謝料は請求できる。

だが実践的な視点から言うと無理が生じる。

相手はすでに離婚が成立していると考える。

弁護士が内容証明郵便で交渉に臨んでも「勝手にすれば」と考える可能性が高い。

裁判に臨んでも相手は離婚が既に成立している余裕がある。

それが離婚前であれば状況が全く違う。

相手は現在、浮気中であるとの負い目もある。

またいつ自分の浮気相手のところに乗りこまれるかもしれないと不安に思う。

それが職場かもしれないと思うとさらに不安。

これが離婚成立後だと押しかけられる不安はなくなる。

そんなことをすると押しかけたほうが不利になる。

極端な理解をすると離婚前は犯罪を犯して逃げている犯人の心理状況。

離婚後は犯罪を犯したが、時効が成立した犯人の心境。

法律の理解も必要だが、自分自身の納得のためには

心理的な駆け引きも重要なのです。

くれぐれも離婚前には相手の浮気がないのか十分に考えて下さい。

 

 

(株)アイシン興信所 ホームページ

探偵事務所・月形町のつぶやき話 盗聴・盗撮事情について

盗聴・盗撮事情について。

 昨今、インターネットなどによって匿名で
盗聴器や盗撮器などが購入できるようになり、
盗聴・盗撮被害は確実に増えています。
また、盗聴などを直接的に取り締まる法律もないため、
警察が検挙にいたるケースもほとんどありません。
そこで自己防衛が重要になります。
まず、盗聴器・盗撮器をしかけられないようにすること。
カギをセキュリティーの高いものに変えることもポイントです。
ですが、盗聴・盗撮の犯人は配偶者や恋人が最も多いのです。
そうなりますといくら外部侵入者を警戒しても
配偶者や恋人の場合は無駄になります。
基本的に配偶者や恋人が犯人の場合は他人の場合より安心ではありましが、
気分のよいものではありませんね。
若い一人暮らしの女性などは引っ越しをする前に
その部屋の盗撮器、盗撮器の調査をしておくことが望ましいですね。
前住人が仕掛けていくこともあります。
簡易盗聴・盗撮器の発見器が電化販売店などで
販売されていますが、確認できる周波数が限られているのと
誤差等などの精度はやはり不安が残ります。
我々、プロに依頼をすることが望ましいです。

探偵(興信所)月形町のつぶやき話 近年の結婚調査事情

近年の結婚調査事情について。

北海道は比較的、結婚調査は多くはありませんが

関西圏などは探偵社の調査依頼において浮気調査に次いで多い調査です。

以前の結婚調査で多いパターンは「娘の結婚相手を調べて欲しい」

「息子の結婚相手を調べて欲しい」との親御さんからの依頼でした。

近年はそれに加えて「彼と結婚を考えているが、本当のところを調べて欲しい」

「彼女と結婚を約束したのだが、他の男性とも付き合っているかも」

など当事者からの依頼が急増している。

その背景には出会いの変化が大きく関係しています。

以前は「会社の同僚」や「学校の同級生」「知人の紹介」など

交際前に相手の基本的な情報が分かっています。

最近は「出会い系サイト」「結婚情報サービス」「インターネット上の出会い」など

交際前の相手の情報が、その相手から聞いていることが全ての場合が多い。

そこには真実とは違うことが含めれている場合があります。

また安易な出会いには「犯罪性」が含まれていることすらあるのです。

結婚は人生において非常に重要な選択になります。

相手に対して不安や疑問などがある場合は慎重に結婚の決断をして下さい。

 

 

(株)アイシン探偵事務所 ホームページ