興信所・岩見沢市のつぶやき話 家出人・失踪人捜索願の警察の対応

(株)アイシン興信所  代表の高橋と申します。

当社は岩見沢市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

今回は家出人・失踪人捜索願の警察の対応について。

まず、基本的に成人が自らの意思で家出・失踪をした「一般家出人」は

警察の積極的な対応はありません。

例えば、家出・失踪届が出されている人物がスピード違反で捕まる。

警官は免許証の確認をした時、その人物が

家出・失踪中なのが確認される。

だが、警官は「家族が心配しているから連絡しなさい」と

うながすがその場で保護はしない。

できないのです。

憲法において国民の「行動」「言論」「職業」等の自由が保障されているからです。

家出・失踪については犯罪ではないので

警察は逮捕はもちろんのこと、保護すらできないのです。

例外としては「未成年者」や「自給無能力者」等です。

自給無能力者とは「痴呆」「知的障害者」など。

その場合は警察が保護はしてくれます。

当然、失踪の要因として拉致、監禁の可能性がある場合は警察の捜査はあります。

ですが「拉致」「監禁」等の可能性の判断は警察が行うので、

場合によっては一般家出人として扱いになることもあります。

 

(株)アイシン興信所  岩見沢市ホームページ

探偵事務所・岩見沢市のつぶやき話 自分の心を明るくできるのは自分しかいない

当社は日々、たくさんの様々なご相談をいただきます。

今が辛く、生きる希望を全く失いかけている方もいます。

時にどうアドバイスをして良いの分からないご相談もあり、

自分の無能感を感じる時も多いです。

ですが一つだけ申し上げることがあります。

たとえどんなに辛い状況であってもその辛い暗闇の中に光はあるはずです。

暗闇を見続ければ、やはり心も暗くなります。

どんなに小さい光であったとしても

その光を見ることによって心に灯りがともります。

自分の心を明るくできるのは自分しかいないのですから。

 

 

(株)アイシン探偵事務所 岩見沢市ホームページ

探偵(興信所)岩見沢市のよりみち話 浮気問題との戦いは真剣勝負

今日は浮気が発覚した時の話し合いについて。

配偶者に浮気疑惑が浮上し、探偵社に依頼。

不貞行為(浮気行為)の証拠を取得した。

実はこの時に戦いのスタートをするのです。

決してゴールではありません。

弁護士に委任し、交渉を任したとしても、アナタ自身がこれから戦いをするのです。

弁護士は呼び方をかえれば代理人です。

ですから依頼人のしっかりとした意志のもとに動くのです。

この浮気という問題をどう戦うかはアナタ次第です。

ですが、大切なことはアナタが望む方向性を決め、

ブレナイ意志で戦う決断をすることです。

信じていた相手に裏切られ不安、焦り、怒りなど辛い状況にいます。

だけど自分を守ってあげられるのは自分です。

浮気問題との戦いは真剣勝負です。

 

 

(株)アイシン探偵事務所  岩見沢市ホームページ