興信所・奈井江町のつぶやき話 法律は法律を知っている人のミカタ

(株)アイシン探偵事務所  代表の高橋です。

当社は奈井江町を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

30代の夫と妻、結婚して10年のご夫婦。

夫は会社員、妻は資格職。

結婚のきっかけは共通の友人を通じての出会い。

妻は結婚前からマンションを購入しており、

結婚後は夫が妻のマンションに引っ越しをして

結婚生活がスタートしたのだ。

結婚8年後、夫が会社の同僚女性と浮気。

紆余曲折があり、妻は離婚を決断したのだ。

離婚については双方に弁護士が立って協議を重ねる。

結果、浮気をされ離婚した妻が

夫に100万円の支払いで決着する。

なぜ、浮気をされた被害者の妻がお金を支払うのか。

夫とその浮気相手の女性が慰謝料として

総額で400万円を妻に支払う。

結婚10年間のマンションのローン支払いが1000万円。

その半分の金額の500万円が夫の財産分与にあたる。

相殺で妻が100万円を支払うこととなった。

もともと住んでいたマンションに結婚を期に

夫がそのマンションで生活をする。

離婚になって夫が出ていくため、結婚期間のローン支払いは

財産分与になるのである。

法律上の理屈は分かるのだが、心情的には納得のいく話ではない。

法律が全ての事柄において適切に運用されるわけではない。

法律は被害者のみかたでも弱者のみかたでもありません。

法律は法律を知っている人のみかたなのです。

法律を勉強しましょう・・・・

 

 

(株)アイシン興信所 ホームページ

探偵事務所・奈井江町のつぶやき話 浮気の対処方法について

浮気の対処方法についての話。

今回は問題を小さくしない方法について。

例えば夫婦間で浮気問題が起こった場合に

夫婦二人で話し合ってもラチがあきません。

できるなら夫、妻の両親にも話し合いに入ってもらい、今後についての協議をする。

問題を小さくしようとするとその問題は長引き、

大きな問題に発展してしまいます。

あえて、問題を大きくすることによって小さく収めることもできる場合があります。

そして、納得するまで話し合ってください。

極端に言えば裁判は所詮、第三者(裁判官)がスタンダードに決めるだけです。

だとしたらお互いが声がかれるまで話し合ってください。

お互いのわがまま、言い訳なども含め声に出して相手に伝えてください。

 

 

(株)アイシン探偵事務所  ホームページ

探偵(興信所)奈井江町のつぶやき話 問題を小さくしない

浮気の対処方法についての話。

問題を小さくしない・・・・。

例えば夫婦間で浮気問題が起こった場合に夫婦二人で

話し合ってもラチがあきません。

できるなら夫、妻の両親にも話し合いに入ってもらい、今後についての協議をする。

問題を小さくしようとするとその問題は長引き、大きな問題に発展してしまいます。

あえて、問題を大きくすることによって小さく収めることもできる場合があります。

そして、納得するまで話し合ってください。

極端に言えば裁判は所詮、第三者(裁判官)がスタンダードに決めるだけです。

だとしたらお互いが声がかれるまで話し合ってください。

お互いのわがまま、言い訳なども含め声に出して相手に伝えてください。

 

 

(株)アイシン探偵事務所  ホームページ