興信所・木古内町のつぶやき話 離婚届け出は最後の最後です

(株)アイシン興信所  代表の高橋です。

当社は木古内町を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

今回は離婚の届け出の話。

配偶者の浮気問題で離婚を決断する。

離婚は離婚を決めてからが大変なのです。

最初は相手の言い訳や開き直り。

その後、具体的に離婚協議に入る。

だが決めることは非常に多いのです。

「慰謝料」「養育費」「財産分与」「面接交渉」「家財の分配」等など。

その取り決めについて公正証書にするのが望ましい。

離婚届けはその後なのです。

とくに慰謝料の支払いについて等は離婚届け出前に済ませるべきなのです。

中には慰謝料の支払いの前に離婚届けを出してしまい、

その後、慰謝料の支払いがされず、

請求すると「ないものは払えない」と開き直るケースもあります。

離婚届け出は最後の最後です。

 

(株)アイシン興信所  ホームページ

探偵事務所・木古内町のつぶやき話 浮気調査での証拠について

浮気調査での証拠についての話。

浮気の証拠については、アナタが何を証明したいかによって変わります。

また、目的によっても調査方法、調査着眼点、

調査期間なども考えなくてはなりません。

例えば、単純に相手と浮気相手の接触確認なのか?

または離婚を前提に慰謝料請求証拠なのか?

自分の配偶者はもとより、浮気相手への慰謝料の要求も前提なのか?

仮に浮気相手に対しての慰謝料請求をするのであれば、

その人物の身元確認も必要になります。

弁護士や裁判所の書面送達するにおいても

相手の正確な住所・氏名の確認は必要になります。

また、強制執行する際に相手の勤務先も調べておくこともやはり必要です。

不安や焦りで闇雲に探偵社に浮気調査を依頼するのではなく、

アナタがこの浮気問題の解決の方向性を

どのようにするのかをまずは考える必要があります。

私の主観ですが、できることであれば、我々、探偵の浮気調査が

夫婦の再構築につながることを望みます。

 

 

(株)アイシン探偵事務所 ホームページ

探偵(興信所)木古内町のつぶやき話 見えない不安

今、浮気や離婚問題で悩まれいる方へ。

相手の見えない部分で不安になり、その不安がさらなる苦悩を生みます。

例えば配偶者の不審な行動。

「浮気?」「考えすぎ?」見えない不安。

仮に探偵に調査依頼をする。

見えないものが事実としてわかってきます。

事実を知ることによって不安が怒りに変わります。

不安は気力を奪いますが、怒りは時に勇気をくれます。

悩みの不安を怒りに変えてみてください。

 

 

(株)アイシン探偵事務所  ホームページ