北斗市・探偵事務所のつぶやき話 判決がゴールではなく、その先が重要

(株)アイシン探偵事務所  代表の高橋です。

当社は北斗市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

夫の浮気発覚。

探偵に調査を依頼し、不貞行為の証拠を得る。

アナタは悩み、考え、離婚の選択をする。

夫、その浮気相手に対して慰謝料の請求をする。

話し合いで結論が出ず、訴訟になる。

このようなパターンは多いです。

探偵の調査による不貞行為の証拠があれば

裁判において「判決」が出されます。

ですが「慰謝料支払いの判決」はあくまでも「判決」に過ぎないのです。

判決で出された慰謝料を相手が素直に支払って来ないケースも多いのです。

相手方に対して資産などの強制執行できるものが

あれば良いのですが、そうでなければ「判決は絵に描いた餅」なのです。

浮気問題においての慰謝料請求については

判決がゴールではなく、その先が重要です。

 

 

(株)アイシン探偵事務所  北斗市ホームページ

興信所・北斗市のつぶやき話 まず行動しながら考える

(株)アイシン興信所  代表の高橋です。

当社は北斗市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

今、配偶者の浮気などで悩んでいる方へ。

アナタはいろいろなことを考える。

「こうなったらこうしよう」

「こう言ってきたら」

「離婚になったら」

「別居するのか、離婚か」等など。

だがアナタが考えている間にアナタの配偶者は浮気相手と

いろいろな準備をしてしまうのです。

相手は不倫をしているのです。

不倫は倫理も道徳観も麻痺するのです。

アナタが感情を抑え、冷静に考えている間にどんどん状況は悪化していくのです。

まず被害者であるアナタは行動をしてください。

親や兄弟に相談する。

探偵社に調査の見積もりを取る。

弁護士に相談する。

まず行動しながら考える。

不倫問題を解決する秘訣はアナタの行動のスピードです。

 

(株)アイシン興信所  ホームページ

探偵事務所・北斗のつぶやき話 「守るもの」と「捨てるもの」

浮気や離婚などで悩んでいる方へ。

「たかが探偵」のアドバイスを書きます。

配偶者の浮気などで解決方法を模索する時に

「守るもの」と「捨てるもの」を分ける必要があります。

例えば、夫の浮気で悩んでいる奥様が

仮に離婚をするのは「不安」

このまま浮気を容認するのも「辛い」

夫に浮気を追及し「嫌われたくない」

だけどこのままでは「嫌だ」などなど。

配偶者の身勝手な浮気で自分には何の責任もないのに・・・・

ですが何かを守り、何かを捨てる。

自分に取っての優先順位を付け、

守る決意と捨てる覚悟が浮気問題を解決するには必要と思います。

 

 

(株)アイシン探偵事務所 北斗ホームページ

探偵(興信所)北斗のつぶやき話 心の浮気について

心の浮気について。

我々、探偵社は家庭内の紛争事を

調査によって、全てではありませんが解決に導くことができます。

ただ、非常に困難なのが「心の浮気」です。

以前、ご主人の依頼で奥さんの浮気調査を行った。

行動からは全く浮気の事実は出てこない。

さらに様々な調査を進めていくと奥さんには

結婚前から連絡を取り合っている男性がいたのである。

その男性とは訳があって結婚が出来なかった。

その後、ご主人と知り合い結婚に至ったのである。

奥さんとその男性とは食事に行ったりホテルに行くなどの密会はなく、

メールや携帯電話などで連綿と連絡を取り合っているのである。

この状況では法的に不貞行為にはならないだろう。

だが、メールで「生まれ変わったら結婚しよう」

「好きなのはアナタだけ」などのやり取りをしているのである。

ご主人としては容認できるものではないだろう。

探偵は何度もご主人と協議を行った。

ご主人は最終的に奥さんに調査を行ったことを告げた。

やはりご主人は奥さんとの離婚を決断された。

身体の浮気も辛いが、心の浮気はもっと辛いものです。

 

 

(株)アイシン探偵事務所  北斗ホームページ