森町・探偵事務所のつぶやき話 離婚届けの不受理申出について

(株)アイシン探偵事務所  代表の高橋です。

当社は森町を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

今回は離婚届けの不受理申出について。

配偶者の浮気問題が発覚する。

場合によっては離婚の方向性も出てくる。

アナタはこの浮気問題と色々な形で戦わなくてはなりません。

その戦いの第一歩として「離婚届けの不受理申出」をしてください。

無断で相手が離婚届けを提出することは稀なのですがでも万が一に備えておく。

仮に相手が無断で離婚届けを出してしまうと

アナタはその離婚届け無効の裁判を起こさなくてはなりません。

また離婚が決まった段階で相手が約束した慰謝料の支払いをしない場合、

この届け出をしておくことにより、アナタは二重の防御をしていることになります。

もう一点、配偶者の身勝手な浮気でアナタは離婚しないと思っているのなら

その離婚しない覚悟を「離婚届け不受理申出」を出すことによって

更にその覚悟を強固なものにしてくれます。

 

 

(株)アイシン探偵事務所  函館ホームページ

長万部町・探偵事務所のつぶやき話 不倫の結末について

(株)アイシン探偵事務所  代表の高橋です。

当社は長万部町を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

今回は不倫の結末について。

例えば・・・・

奥さんの不審な行動が続き、ご主人から調査を依頼された。

探偵が奥さんの行動を調査してみるとやはり浮気が確認された。

浮気相手の男はハッキリ言って最悪な人物。

定職はなく、複数の女性からの援助で生活をしていた。

奥さんもその女性の一人であった。

探偵が調査を進めていくと、友人、知人などにもお金を借りまくり逃げていた。

また色々な人から騙してお金を巻き上げている。

依頼人のご主人とは正反対の男であった。

ご主人は公務員で口数が少なく、不器用と誠実が同居しているような人柄。

ある日、ご主人は奥さんに浮気事実を知っていることと

その浮気相手の実態を告げた。

奥さんはその男性の実態を信じようとせず、

また探偵を使って調べたことに逆ギレをする。

結局、ご主人は離婚の決断をした。

ご主人は2人の子供を引き取り、奥さんは家を出た。

奥さんのその後の結末は・・・・・

当然、その男とは金の切れ目が縁の切れ目。

奥さんはパートをしながら一人暮らし。

2年後、探偵があるスーパーの駐車場で

張り込みをしている時、偶然にその奥さんを見かけた。

やつれ、身なりも決して裕福には見えなかった。

浮気や不倫は一瞬の現実逃避なのです。

必ずそれを償う時が来るのです。

 

 

(株)アイシン探偵事務所  函館ホームページ

鹿部町・探偵事務所のつぶやき話 離婚されてその後、ストーカーになる

(株)アイシン探偵事務所  代表の高橋です。

当社は鹿部町を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

今回はさんざん浮気をしておいて離婚後にストーカーになる話。

これはよくあるパターンなのです。

結婚している間は浮気ざんまい。

妻のことも子供のことも放り投げて浮気相手のところに通い詰めている。

妻は探偵に調査を依頼し、離婚の決断をする。

同時に夫は浮気相手にも別れを告げられる。

夫は妻に離婚はしたくないと懇願してくる。

生まれ変わったつもりでやり直したい・・・・

もう一度、チャンスがほしい・・・・

子供たちのためにもやり直そう・・・・

裁判になっても俺は離婚しない・・・・  等など

結局、裁判で離婚の判決が出る。

今度はこの夫がストーカーに変貌する。

妻の携帯電話に執拗な電話やメール。

また妻の外出先に突然、あらわれる。

付きまとっているのである。

その後、探偵がそのストーカー行為の証拠を取得し

警察に被害届を出し、現在は収まっているのだが・・・・

さんざんに浮気をしておいて、離婚されてその後、ストーカーになる。

全く持って勝手な話である。

 

 

(株)アイシン探偵事務所  函館ホームページ

七飯町・探偵事務所のつぶやき話 不幸にしがみつく心理について

(株)アイシン探偵事務所 代表の高橋です。

当社は七飯町を含め、道全域で様々な調査を承っております。

今回は不幸にしがみつく心理について。

例えば妻の浮気が発覚する。

妻は開き直りと逆ギレ。

自分の浮気を反省しようともしない。

またその浮気を止めようともしないのである。

だが夫は強く妻に言うことができない。

このような時、不安から不幸にしがみつく心理が

働いていることが多い。

今の不幸な現実より不安を優先しているのである。

これ以上、妻を追求したら離婚になる不安・・・・

だから妻の浮気を容認してもその不安から逃れたい。

夫の浮気が発覚する。

妻が浮気を追及すると暴力と暴言・・・・

だが妻は子供のためと言って離婚を決断できない。

ですが家庭で暴力を振るう父親を見せるより、

離婚を決断する方が良い場合が多い。

このケースも離婚という不安から今の不幸を優先してしまっている。

でもアナタの不安はその未来において本当に不幸なのだろうか?

仮に離婚した後に待っている生活が楽しいのかもしれない。

今、配偶者の浮気問題で悩んでいる方へ。

アナタは不幸にしがみついていませんか・・・・

 

 

(株)アイシン探偵事務所  函館ホームページ

松前町・探偵事務所のつぶやき話 自分の納得と時間の大切さ・・・・

(株)アイシン探偵事務所  代表の高橋です。

当社は松前町を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

今回は自分自身の納得と時間の大切さについて。

例えば夫の浮気が発覚する。

妻が夫に浮気事実を知っていることを告げる。

夫は言い訳、開き直り、そして逆ギレ・・・・・

アナタは夫が許せずに争う覚悟を持つ。

調停では話し合いがつかず、

泥沼の離婚裁判に突入する。

離婚裁判は場合によって1年以上を有する。

最後の最後に裁判官の下す判決を得る。

被害者であるアナタは戦いながら、ある程度の納得を得るのかもしれない。

だが戦っているアナタの時間も大切なものです。

人生においてやはり大切なのは時間なのです。

人は自分の寿命が分からないならば一日、一日がやはり大切です。

その大切な日々を離婚裁判に費やす。

自分の納得と時間の大切さ・・・・

どちらが正解ではなく、アナタ自身がそれを決めなければなりません。

 

 

(株)アイシン探偵事務所  函館ホームページ

八雲町・探偵事務所のつぶやき話 相手の挑発に乗って離婚はしない

(株)アイシン探偵事務所 代表の高橋です。

当社は八雲町を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

今回は相手の挑発に乗って離婚しないについて。

良くあるケースを一つ書きます。

妻の不審な行動が続く。

何度か夫は妻に問いただすが妻は開き直りと逆ギレ。

そのような期間が数カ月経過する。

ある日、妻が外泊する。

夫は再度、問いただすが妻はまたまた逆ギレ。

売り言葉に買い言葉で夫が

「お前とは離婚だ」とその日に離婚届けを出してしまう。

その後、夫に妻の浮気の事実が入ってくる。

夫は怒りがこみ上げ妻と浮気相手を訴えようと考える。

だが基本的に遅いのです。

離婚が成立した後では訴えたところで勝算は低い

妻はあえて夫を挑発し、離婚を誘導したのである。

その作戦に夫がハマってしまった。

くれぐれも相手の挑発に乗って離婚はしないで下さい。

 

 

(株)アイシン探偵事務所  函館ホームページ

木古内町・探偵事務所のつぶやき話 浮気妻たちの逆ギレ、だからどうした、離婚するか・・・

(株)アイシン探偵・興信所  代表の高橋です。

当社は木古内町を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

今回は浮気がバレテ開き直る妻たちの話。

何度もこのブログで書いておりますが、

当社の依頼においては妻からの依頼より夫からの依頼件数が多い。

つまり夫の浮気調査より妻の浮気調査が多いのです。

そして妻の浮気の特徴として、浮気がバレタ時の開き直りかたです。

夫は浮気がバレタ時はごまかそうと嘘をつく。

妻は浮気がバレタ時はあっさり認め、開き直る。

開き直る傾向は圧倒的に妻が多い。

また夫が浮気をするための準備は入念である。

「来週の土曜日、本社から部長が来るので飲み会がある」と

事前にまえふりをしておく。

だが妻は「今日、友達と会うから遅い」と直接的である。

もう一点の特徴は妻は浮気がバレルと

「だからどうした、離婚するか」と男らしい?

時代は明らかに変わっているのです。

 

 

(株)アイシン探偵事務所  函館ホームページ

知内町・探偵事務所のつぶやき話 年下の男に貢ぐ妻たち

(株)アイシン探偵事務所 代表の高橋です。

当社は知内町を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

今回は年下の男に貢ぐ妻たちの話。

近年、妻の浮気が確実に増えている。

その浮気も年下の男との不倫が目立つ。

ある30代の妻の浮気調査。

夫はIT関連の会社を経営し、妻は専業主婦。

妻は夫が帰宅すると、子供を夫にまかせ外出をする。

妻は浮気相手の若い男性を迎えに行き、

その後、高級モツ鍋店にて食事をしてホテルに入る。

当然のように支払いはすべて妻がしている。

別の日、妻は浮気相手と百貨店で合流する。

時計店で100万円以上の高級時計を買ってあげている。

探偵もいつかは欲しいと思っていた時計である。

夫が家族のためと一生懸命に働く。

そのお金を妻が若い浮気相手の男に貢ぐ。

男にとってはセツナイ話であるが、

このような話は探偵からすると珍しくないのです。

 

 

(株)アイシン探偵事務所  函館ホームページ

福島町・探偵事務所のつぶやき話 時薬という薬

(株)アイシン探偵事務所  代表の高橋です。

当社は福島町を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

今、配偶者の浮気や離婚問題で悩まれている方へ。

アナタは信じていた相手の裏切りに怒りや戸惑いなど色々な感情が押し寄せる。

明日さえ見えない辛い状況かもしれません。

だが人は辛さを癒す魔法の薬を持っています。

時間という「時薬」です。

私も様々なご相談やご依頼をいただきます。

中には生きる希望を失くし、死にたいと言われる方も多いのです。

だが一年後にはその人たちは立ち直っているのです。

時薬という薬が効いているのです。

今、どんなに辛くとも絶望しないでください。

永遠に続く悲しみや辛さなどないのですから・・・・

 

 

(株)アイシン探偵事務所  函館ホームページ

函館市・探偵事務所のつぶやき話 離婚裁判では相手は嘘を言ってくる

(株)アイシン探偵事務所 代表の高橋です。

当社は函館市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

今回は離婚裁判の話。

離婚裁判はある意味、人間の一番醜い部分を見る場です。

例えば妻の浮気が発覚。

相手は開き直りと言い訳、逆ギレ・・・・

アナタは悩んだ末に離婚を決意する。

だが妻は悪いのはアナタだとさらなる開き直り。

調停も不調に終わり、離婚裁判に突入する。

だが妻は相手の男性とはそういう関係ではない・・・

夫の被害妄想だ・・・

挙句の果てに夫のありもしないDVをでっちあげてくる・・・

相手は言うだけタダと言わんばかりに百連発の嘘を付き続けるのである。

このようなケースは決して珍しいことではないのです。

離婚裁判では相手は嘘を言ってくると最初から覚悟をしてください。

 

 

(株)アイシン探偵事務所  函館ホームページ