興信所・江差町のつぶやき話 浮気問題と安易な妥協

(株)アイシン興信所  代表の高橋です。

当社は江差町を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

配偶者の浮気が発覚。

その時、アナタの持つべき覚悟についての話。

浮気問題に直面した時に一番に必要なことが「覚悟」です。

探偵に浮気調査を依頼し、証拠を得る。

その証拠はアナタに取って大きな武器にはなります。

だが肝心なのはその武器をいかに使うかなのです。

武器を使うにも覚悟が伴わなければ威力は無くなってしまう。

例えば、浮気証拠を取り、

アナタが配偶者に「浮気を止めなさい」と告げる。

相手は「それなら離婚をする」と言ってきた。

アナタは相手との話し合いにおいて安易な妥協案で終わらせる。

「食事までならOK」

「メールや電話までならOK」

そのような妥協案で話し合いを終わらせると、

今後の浮気を容認するのと同じことになるのです。

探偵は浮気問題の最後に安易な妥協案で

夫婦の再構築を行った悲しい結末を見過ぎているのです。

被害者が二度、傷つくだけなのです。

やはり相手が開き直ってきたのなら「別居」や「離婚」の覚悟をしておかなければ

相手との本当の話し合いはできないのです。

本当の夫婦の再構築は覚悟をもった話し合いが必要なのです。

たかが探偵の独り言でした。

 

(株)アイシン興信所  ホームページ

探偵事務所・江差町のつぶやき話 行動変化について

配偶者の浮気疑惑が出てきた場合、

いくつかのチェックポイントがございますが、今回は行動変化について。

当然、帰宅時間の変化は重要です。

朝帰りをするから怪しいではなくいつも8時に帰ってきたのに

一時間くらい遅くないり、毎日9時に帰ってくる。

たかが一時間のズレも何かの要因があるのかもしれません。

飲み会が多くなることもやはり浮気相手と接触している可能性があります。

いずれにしても相手の変化をアナタの頭の記憶に残すのではなく

ノートなどに記録をしてください。

そうすることによって行動の変化をデータ化します。

浮気問題と戦うためには情報を集めることが重要です。

 

 

(株)アイシン探偵事務所 ホームページ

探偵(興信所)江差町のつぶやき話 浮気が発覚した時・・・

今日は浮気が発覚した時の話。

浮気が配偶者に発覚。

時に夫婦関係が修復不可能な場合もあります。

そんな時、いかにお互いが納得する落としどころを

みつけるが解決のポイントになります。

浮気をされた方は感情が先立ち、浮気を行った方は苦しい自分の言い訳を繰り返す。

話し合いがつかなければ調停、裁判と進みます。

仮に裁判になりますと基本的に公開裁判になります。

一部、非公開に進むこともありますが、

やはり公開を前提で覚悟しなければなりません。

不貞行為においての裁判は場合によっては一年以上の期間がかかります。

公判のたびに全く関係のない傍聴人に夫婦のあらいざらい話、

ののしりあいを見せるのです。

裁判は被告、原告の双方を疲れさせ、傷つけます。

出来ることであれば浮気をした側は自分の最大限の誠意を提示し、

浮気をされた側は感情を落ち着かせて話し合いをする。

他人で第三者である裁判官に結論を出させるのではなく、

一度は愛し合った夫婦で最後の決定はしたいですね。

 

 

(株)アイシン探偵事務所  ホームページ