興信所・奥尻町のつぶやき話 親がかばいきれるのも限度があるのだが・・・

(株)アイシン興信所 代表の高橋です。

当社は奥尻町を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

最近は結婚感の変化なのか、倫理観の欠落なのか

浮気発覚後の当事者たちの対応の変化が著しい。

昔は浮気がバレたらまずは認めたものだ。

だが最近の若い夫婦は浮気したことをそっちのけで

相手の欠点を言いつくす。

まずは浮気をしたことを謝罪すべきなのだが・・・

またその浮気相手に至ってはさらにヒドイものだ。

例えば妻の浮気が発覚。

妻の浮気相手は「夫婦の離婚に俺は関係ない」

「俺は付き合っていたが離婚をすれとは言っていない」等など。

言い訳が尽きると今度は開き直り。

「文句があるなら弁護士に言え」

「裁判にすればいいだろう」

「脅迫をするのか」等など。

いざ夫が裁判の準備を進めていると二人で駆け落ちである。

この自分思考はどこから来るのだろうか?

社会環境、教育、など様々な要因があるのだが、一番には親の子育てが原因だろう。

私が小さい子供のころは、悪いことをして言い訳や嘘を言ったら

父親に力の限り殴られ、母親には怒鳴られたものだ。

だが今は自分の子供を客観的に見ることができず、溺愛する母親。

悪いことをしても自分の子供をかばい、

子供の言い訳を無理矢理、理解しようとする父親。

どんなに自分の子供が間違っていても自分の子供は悪くないと言ってのける親たち。

だが因果応報・・・・

親がかばいきれるのも限度があるのだが・・・・

 

(株)アイシン興信所  ホームページ

興信所・大成町のつぶやき話 いざとなったら離婚・・・の覚悟

(株)アイシン興信所  代表の高橋です。

当社は大成町を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

今、配偶者の浮気や離婚問題で悩まれている方へ。

まずアナタが戦わなくてはならないものは

アナタを裏切っている相手に対しての依存心と執着心です。

例えば夫の浮気が発覚。

夫は「勝手にすればいいだろう」と開き直り。

本来はここで夫に対しては強い態度を取らなければならないのだが・・・

問い詰めると夫が離婚を迫ってきたら・・・

ここでアナタの依存心や執着心が動き出す。

子供が小さいうちは・・・

子供が高校を卒業するまでは・・・

今、離婚をしても・・・

今、離婚をしてら親になんと言われるか・・・

依存心や執着心はアナタが納得しやすい形でアナタの心を縛るのです。

浮気をしている夫にダメなものはダメと言えなくなる。

相手が謝罪もなく開き直りを続けるなら

「離婚」を覚悟の上での話し合いが必要なのだが。

探偵に調査を依頼し、夫の浮気証拠を取ることは二の次です。

まずはアナタが自分の依存心や執着心と戦い、「ダメなものはダメ」

「いざとなったら離婚」と覚悟を決めることがまずは必要なのです。

 

(株)アイシン興信所  ホームページ

興信所・せたな町のつぶやき話 ブログが命取り

(株)アイシン興信所  代表の高橋です。

当社はせたな町を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

今回はブログが命取りの話。

近年、浮気証拠においてブログを活用することが多くなりました。

例えば夫の浮気が発覚。

探偵が行動調査の中から交際状況及びホテルの入退出の映像を取る。

後はその二人がどのような親密度であったのかを証明するのですが

意外とその浮気相手の女性がブログを書いていることがあります。

「○月○日は私の誕生日、 大切な人とワインを飲みながら過ごしました」

「○月○日 彼が奥さんと別れるからとプロポーズしてくれた」

「○月○日 彼が奥さんに出張と言って会いに来てくれた」

「○月○日 旅行に行きました。誰と行ったかは秘密・・・」

まさか探偵にそのブログを読まれているとも知らず、

今度の予定までを書き込んでいる場合もある。

ブログの書き込みだけでは浮気の証拠になりませんが

探偵の証拠があれば、さらに二人を追い込むことができるのです。

当然、裁判でもそのブログは付帯証拠として使います。

ただしそのブログを見つけることは非常に根気が要りますが・・・

でも探偵は探します・・・・・

 

(株)アイシン興信所  ホームページ

興信所・乙部町のつぶやき話 論点にすり替えに注意

(株)アイシン興信所  代表の高橋です。

当社は乙部町を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

今回は論点にすり替えに注意について。

例えば妻の浮気が発覚する。

夫は探偵に調査依頼をし、妻の浮気事実を確認する。

そして妻に浮気事実を知っていることを告げる。

最初は妻も神妙にしていたが、

だんだんと話の論点をすり替えてくる。

「アナタが私に相談もなしに車を買ったから」

「アナタが私に黙って仕事を変えたから」

「アナタは私が義母と喧嘩をした時、知らんぷりだったから」

「私が子育てで大変な時、アナタは仕事を優先したから」等など。

浮気をしたことについての話し合いのはずが

油断していると相手のペースにハマり論点がずれてくる。

当然、浮気を責められたくない妻は論点を変えたいのである。

アナタはハッキリと「今は君の浮気についての話だ」と言って下さい。

 

(株)アイシン興信所  ホームページ

興信所・厚沢部町のつぶやき話 夫の操り人形ではない・・・

(株)アイシン興信所  代表の高橋です。

当社は厚沢部町を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

今、配偶者の浮気問題で悩まれている方へ。

例えば夫の浮気疑惑。

妻は夫にそのことを問いただせない。

「逆ギレされたら怖い・・・・」

「怒鳴られて開き直られたらどうしよう・・・・」

これは恐怖で夫に操られている操り人形です。

でも妻は自分の全ての勇気で夫に浮気を問いただす。

だけど今度は「夫が何を考えているのか?」

「今、私のことをどう思っているのか?」

「反省しているのか?」と考えてしまう。

これも心で操られている操り人形です。

相手がどう思っているのかではなく、自分がこれからどうしたいのか?なのです。

アナタは決して夫の操り人形ではないのです。

アナタの人生という舞台を演じるのはアナタ自身なのですから。

 

(株)アイシン興信所  ホームページ

興信所・上ノ国町のつぶやき話 夫との浮気は許しません

(株)アイシン興信所  代表の高橋です。

当社は上ノ国町を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

今回は浮気をしておいて開き直る相手に対しての対処について。

例えば夫の浮気が発覚。

妻が探偵に調査を依頼する。

夫の浮気状況とその浮気相手の女性が判明する。

妻が浮気を問いただすと夫は開き直り、自宅を出ていき、別居をする。

浮気相手の女性も「証拠があるのか?」と開き直り。

本来は相手が開き直った場合、

覚悟を持って訴訟に踏み切るべきなのだが

状況によっては時を待たねばならない時がある。

子供が小さかったり、その他の事情によって

単純に慰謝料を取って離婚ができない場合もある。

また自分自身が離婚に納得していない場合もある。

でも相手は開き直って浮気を止めようともしない。

そのよう時は着実に浮気が継続されていることを調べておく。

別居をしていても夫の動きは確認しておく。

当然、浮気相手の状況もである。

また重要なのが、そのことを定期的に相手に告知することである。

基本的に有責配偶者(浮気をしている方)からの離婚は認められないが、

数年後に「すでに婚姻関係が破綻している」との相手の主張を退けるためにも

「アナタ達の浮気は許しません」と言っておくのです。

またその浮気相手に対しても

「夫との浮気は許しません」と告知しておく。

その上で不貞行為が継続した場合、

時期が来た時の訴訟においては責任の重さを強調できます。

浮気相手とのやり取りはボイスレコーダーに記録してください。

時に浮気相手の嘘や虚勢を言わせておくのも切り札になります。

 

(株)アイシン興信所  ホームページ

興信所・江差町のつぶやき話 浮気問題と安易な妥協

(株)アイシン興信所  代表の高橋です。

当社は江差町を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

配偶者の浮気が発覚。

その時、アナタの持つべき覚悟についての話。

浮気問題に直面した時に一番に必要なことが「覚悟」です。

探偵に浮気調査を依頼し、証拠を得る。

その証拠はアナタに取って大きな武器にはなります。

だが肝心なのはその武器をいかに使うかなのです。

武器を使うにも覚悟が伴わなければ威力は無くなってしまう。

例えば、浮気証拠を取り、

アナタが配偶者に「浮気を止めなさい」と告げる。

相手は「それなら離婚をする」と言ってきた。

アナタは相手との話し合いにおいて安易な妥協案で終わらせる。

「食事までならOK」

「メールや電話までならOK」

そのような妥協案で話し合いを終わらせると、

今後の浮気を容認するのと同じことになるのです。

探偵は浮気問題の最後に安易な妥協案で

夫婦の再構築を行った悲しい結末を見過ぎているのです。

被害者が二度、傷つくだけなのです。

やはり相手が開き直ってきたのなら「別居」や「離婚」の覚悟をしておかなければ

相手との本当の話し合いはできないのです。

本当の夫婦の再構築は覚悟をもった話し合いが必要なのです。

たかが探偵の独り言でした。

 

(株)アイシン興信所  ホームページ

探偵事務所・奥尻町のつぶやき話 浮気問題が発覚したとき心構えについて

今回は相手の浮気問題が発覚したとき心構えについて。

最悪状況を想定しその状況を回避する。

例えば相手が浮気をし、自分は離婚をしたくない。

その場合、最悪な状況は「離婚」です。

あえて離婚を想定し、その準備をしておく。

「離婚後の収入はどうするか」

「マンションの借り入れ残はどうするか」

「財産分与の件」

「慰謝料、養育費」などなど。

最悪の状況を想定し、その準備をすることによりその恐れが半減します。

恐れや不安は冷静な判断ができなくなります。

あえて最悪状況を想定し、覚悟をもって浮気と戦ってください。

 

 

(株)アイシン探偵事務所 ホームページ

探偵事務所・奥尻町のつぶやき話 我慢の時期について

今回は我慢の時期についてのお話。

当社には毎日、浮気や離婚で悩んでいる方からのご相談をたくさんいただきます。

信じていた配偶者に裏切られ、突然の不幸が自分を襲ってくる。

「自分が何をしたの?」

「自分の何が悪いの?」

「どうして自分だけが?」

当然、悪いのはアナタを裏切った相手です。

ですが、今はアナタ自身のこの悩みを解決しなければなりません。

悩みの解決は時に時間が必要なことがあります。

そこで自分に「今は我慢の時なのだ」と割り切ってしまう。

人生においてどんな人も辛い時はあるものです。

アナタから見てどんなに幸せそうに見える人でもきっと辛い時はあるはず。

この我慢の時期が終わるのを割り切って待ちましょう。

 

 

(株)アイシン探偵事務所 ホームページ

探偵事務所・大成町のつぶやき話 浮気調査を依頼するにあたって・・・

今回は浮気調査を依頼するにあたっての話。

我々、探偵も昨今はインターネットを使っての広告が主になっております。

ネットは他の広告媒体と違って何の審査もありません。

例えば、新聞広告などは会社概要などの審査を必要としますが、

ネット広告に関してはSEO対策をどうするのかによって

1ページの上位に表示されます。

「成功報酬」「浮気調査1万円~」などの

魅力的なタイトルで広告をさせるケースがあります。

実態が伴っていれば全く問題はありませんが誘導的広告であり、

実際には内容が違う契約を強要されるケースがあります。

そのような場合にははっきりと断る。

また強要的に契約を迫られている時は

最寄の警察署の生活安全課に相談してください。

また契約後の相談は国民消費者センターに相談してください。

 

 

(株)アイシン探偵事務所 ホームページ