興信所・日高町のつぶやき話 どこかで怒りの落とし所を自分で見つけることが必要です

(株)アイシン興信所  代表の高橋です。

当社は日高町を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

今、配偶者の浮気や離婚などの問題で悩んでいる方へ。

信じていた相手の裏切りにアナタの怒りは

どんどん膨らんでいきます。

また形を変えて怒りが出てきます。

例えば謝罪をすれば自分の怒りが収まる。

だが相手が自分に謝罪をすると

謝り方に誠意がないとさらなる怒りがわいてくる。

本当のことは話したら納得すると相手に告げる。

「これが本当のことです」と相手が話すと

まだ隠しているとさらなる怒りがわいてくる。

そうなるとどこまでいっても怒りの連鎖が続いてしまう。

怒りは自分自身も苦しめてしまう。

どこかで怒りの落とし所を自分で見つけることが必要です。

相手を許すことによって自分が救われることは

アナタの人生において少なくないはずです。

たかが探偵の人生論ですが・・・・

 

 

(株)アイシン興信所  北海道ホームページ

探偵事務所・日高町のつぶやき話 離婚不受理申出について

(株)アイシン探偵事務所  代表の高橋です。

当社は日高町を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

今回は離婚不受理申出について。

配偶者の突然の浮気発覚。

アナタは様々な問題と戦わなくてはなりません。

戦いには覚悟が必要です。

その覚悟の一歩として「離婚不受理申出」を出してみてはどうでしょう。

浮気をしている配偶者が離婚届を捏造し役所の出してしまう。

当然、アナタはその離婚届を無効にすることはできるのだが、

場合によっては裁判にて無効申し立てをしなければなりません。

離婚届不受理申出をしておきますとそのような心配はなくなります。

またアナタが納得できるまで離婚をしない覚悟を

自分自身において持つことが出来ます。

覚悟は行動をすることによってより強固になります。

離婚不受理申出はこれから浮気問題と戦うアナタの行動の第一歩になります。

 

(株)アイシン探偵事務所  ホームページ

探偵(興信所)日高町のつぶやき話 「もう」と「まだ」

「幸せ」について。

この仕事を通じて思うのは結局のところ幸せは「もう」と言う言葉を使うのか、

「まだ」と言う言葉を使うのか。

ある依頼人の奥さん。

ご主人が浮気をし、給与も家に入れない。

暴力もする。

誰が見ても不幸な状況である。

だがその奥さんは「まだ子供がいますから」

「まだ私も仕事をしていますから」

「まだ友達もいますから」

全ての言葉に「まだ」が付くのである。

逆に「もうどうなってもいい」

「もう死んだ方がまし」「もう離婚してもかまわない」

などと「もう」を使ってしまうと心に不幸がやってきます。

「まだ」と言葉を使っていますと

人はその「まだ」を幸せととらえることができますよね。

 

 

(株)アイシン探偵事務所 ホームページ