興信所・神恵内村のつぶやき話 相手のつくろった言い訳など無視

(株)アイシン興信所  代表の高橋です。

当社は神恵内村を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

配偶者の浮気が発覚。

例えば夫の浮気。

夫は浮気がバレルと言い訳を言いだす。

「お前は俺が仕事で辛かった時に支えてくれなかった」

「俺が大変な時、お前は自分のことばかりを考えていた」

「この家庭に俺の居場所はなかった」等など。

アナタは相手の言い訳を聞いていると悩んでしまう。

はっきり言いますと浮気の言い訳など聞かなくて良いのです。

相手は自分の浮気をどう正当化しようと一所懸命に考えてきます。

自分でさえ忘れている話を思い出しては

アナタに自分がした浮気という悪事をごまかそうと言い訳をしてくるのです。

浮気はダメなことです。

アナタは「ダメなものダメ」と言って下さい。

相手のつくろった言い訳など無視してください。

そこからが本当の夫婦の話し合いが始めるのです。

 

(株)アイシン興信所  ホームページ

探偵事務所・神恵内村のつぶやき話 浮気の結末について

浮気の結末について。

長くこの仕事に従事しておりますとつくづく思うのは

「人の不幸の上に幸せはない」と。

あるご主人の浮気調査である。

ご主人は自分勝手な理由で浮気を繰り返していた。

奥さんも子供の為に一人で我慢をしてきたのである。

子供さんも全員、成人になり独立をした。

これからは自分の幸せをために生きたい。

奥さんは決意をされ当社に依頼。

今回の浮気はご主人も相当に入れ込んでいる。

奥さんに対しても「出て行け」「離婚してもいいんだぞ」との暴言。

いつも浮気をしだすと態度が横暴になり、暴言を吐くのである。

奥さんは着々と準備を進める。

探偵は調査を進めるとなんと浮気相手の女性は複数の男性と交際をしていた。

その後、ご主人は奥さんに離婚をされ、

その浮気相手の女性にもフラレてしまった。

倫理を説いているのではない。

一番近くにいる妻を不幸にしての浮気は悲惨な結末が待っているのである。

 

 

(株)アイシン探偵事務所 ホームページ

探偵(興信所)神恵内村のつぶやき話 不倫のルールについて

不倫のルールについて。

よくテレビドラマで不倫を軽く捕らえていますね。

「好きになった人にたまたま家庭があっただけ」

「私といる時は家庭の事は忘れて」

あたかも妻子ある男性を好きになった女性の悲哀を演出しています。

だが、相手の男性に家庭があったとき一番の犠牲者は子供である。

また、不倫が原因でその家庭を壊すことは許されることではないはず。

リアルな世界で浮気・不倫で悲しみの果てに一つに家庭が壊れる現実を

見ている探偵は安易に不倫を肯定するようなテレビ番組には憤りを感じます。

不倫を軽く考えている方へ。

人の不幸の上に幸せはありません。

その報いは必ず自分に帰ってきます。

 

 

(株)アイシン探偵事務所 ホームページ