興信所・喜茂別町のつぶやき話 探偵の幸福論

(株)アイシン興信所  代表の高橋です。

当社は喜茂別町を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

今回は幸福論について。

私は長年、この探偵業に従事させていただいて

依頼人やいろいろな人々から学ばせていただいたのが、

幸せは所詮、「幸せと思うのか」「不幸と思うのか」

以前、浮気調査をされた奥さんがいました。

その夫は日常的に暴力を妻に振るっていました。

時には子供にも手を上げることもあったようです。

その上、調査結果は最悪なもので、浮気相手の女性が妊娠しており、

その浮気相手に貢いだのか、多額の借金が出てきた。

奥さんは最終的に離婚を決断された。

「離婚が成立して良かった」

「あの夫と出会ったからこそこの子供たちがいるのです」

「私を心配してくれるたくさんの人がいます、ありがたいです」

「私には仕事とたくさんの同僚がいます」など

全ての言葉が前向きで感謝の気持ちがあるのです。

探偵は改めてこの奥さんに「幸せ」を学ばせていただきました。

幸せは「いかに幸せを感じるか」なのですね。

 

(株)アイシン興信所  ホームページ

探偵事務所・喜茂別町のつぶやき話 浮気調査においてのその証拠の使い方

浮気調査においてのその証拠の使い方。

浮気調査を行い、配偶者の浮気証拠を得る。

まずは相手にその浮気事実を元に話をします。

浮気をした配偶者はアナタがどこまでの証拠を得ているのかを必死に聞いてきます。

だが、その段階で探偵社の報告書を相手に見せることは駄目です。

相手はその証拠を見た段階でその言い訳を考えます。

浮気証拠は最終的なアナタの武器になります。

相手が開き直り、どうしても裁判をしなければならないときに使います。

裁判の時ですら、その証拠を全て出しません。

相手が裁判で嘘の答弁書を出してきたときに

その嘘を暴くために使っていくのです。

相手と話し合いをするときは「全て知っている」を繰り返してください。

相手は必死に何を知っているのかを聞いてきますが無視をしてください。

ただ、一時は好きになって結婚した相手です。

お互いの話し合いで解決できるのが望ましいのですが。

 

 

(株)アイシン探偵事務所 ホームページ