探偵事務所・豊富町のつぶやき話 最初から法律に逃げる?

(株)アイシン探偵事務所  代表の高橋です。

当社は豊富町を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

夫婦間の浮気問題や離婚のとき、まずは考えていただきたいのが、

相手との交渉を法律に逃げないことです。

アナタの性格が戦うことが苦手だとします。

その時、「弁護士に任せてしまおう」

「調停に申し立てしよう」「裁判にしよう」など

最初から相手との話し合いから逃げて、法律に逃げてはダメなのです。

浮気や離婚問題は所詮「民事」なのです。

裁判で仮に多額の慰謝料の判決が出たとします。

ですが判決は所詮、「紙切れ」です。

その「紙切れ」を本物にしていくのは

アナタの強い意志なのです。

最初から法律に逃げるようでは、その後の戦いを乗り切れません。

法律は使いこなすものでアナタが逃げ込むほど頼りにはなりません。

まずはアナタの強い覚悟を持って相手と直接、戦ってください。

 

(株)アイシン探偵事務所  ホームページ

探偵(興信所)豊富町のつぶやき話 浮気の結末について

浮気の結末について。

長くこの仕事に従事しておりますとつくづく思うのは「人の不幸の上に幸せはない」

あるご主人の浮気調査である。

ご主人は自分勝手な理由で浮気を繰り返していた。

奥さんも子供の為に一人で我慢をしてきたのである。

子供さんも全員、成人になり独立をした。

これからは自分の幸せをために生きたい。

奥さんは決意をされ当社に依頼。

今回の浮気はご主人も相当に入れ込んでいる。

奥さんに対しても「出て行け」「離婚してもいいんだぞ」との暴言。

いつも浮気をしだすと態度が横暴になり、

暴言を吐くのである。

奥さんは着々と準備を進める。

探偵は調査を進めるとなんと浮気相手の

女性は複数の男性と交際をしていた。

その後、ご主人は奥さんに離婚をされ、

その浮気相手の女性にもフラレてしまった。

倫理を説いているのではない。

一番近くにいる妻を不幸にしての浮気は悲惨な結末が待っているのである。