探偵事務所・音更町のつぶやき話 浮気問題の時の話し合いについて

浮気問題の時の話し合いについて。

浮気をした配偶者から強引な離婚の要求。

自分で浮気をしておきながら、お前が離婚を承諾しないのなら

「調停をかけて離婚するぞ」

「裁判にかけてもいいのか」

「弁護士を立てるからな」などなど。

法律的には有責配偶者(離婚の原因を作った方)からの離婚要求は認められない。

アナタは「調停でも裁判でもやってくれ」

「早く弁護士を連れてきやがれ」と言えば良いのです。

とかく夫婦の関係は閉鎖的です。

油断していると相手の強引な要求が当たり前に思えてきます。

アナタも必要な法律は勉強してください。

そして気迫を持って話し合いに臨んでください。

浮気問題の話し合いは「真剣勝負」です。

 

 

(株)アイシン探偵事務所  ホームページ

探偵(興信所)音更町のつぶやき話 不運は不幸なのか? 

不運は不幸なのか? の話。

当社には毎日、様々な相談が寄せられます。

また、その相談者、依頼者のその後もお聞きします。

所詮、人間は未来が正確に分かるわけではありません。

今、アナタに起こっている不運は本当に不幸なのでしょうか?

例えば突然のリストラ。

だが、その後、本当に自分にあった仕事に巡り会う。

突然の失恋。

その後に素敵な人との出会いがある。

アナタの配偶者の浮気が発覚。

その後、夫婦の間で協議を続けた。

今まではお互いに向き合っていなかったことに気づく。

探偵はそのような話をたくさん聞きます。

アナタに起こっている今の不運は本当に不幸かはまだ分かりません。

また、不運の先を決めるのはやはりアナタです。

人生は諦めない限り、幸せに向かいます。

 

 

(株)アイシン探偵事務所 ホームページ