興信所・中札内のつぶやき話 男のかっこのつけ方を学びました

(株)アイシン興信所  代表の高橋です。

当社は中札内村を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

近年、我々探偵業界において大きな変化が

夫の浮気調査より妻の浮気調査が多いことです。

そして相対的に妻の母親としての意識の低下です。

ある寡黙で不器用で誠実なご主人からの依頼。

妻がここ数カ月、様子がおかしい。

自分が夜、仕事でいない時に小さな子供達をおいて外出をしているらしい。

自分に急に離婚を迫ってきている。

そのようなご相談であった。

探偵は様々なアドバイスをさせていただき、ご依頼をいただく。

ご主人の要望は二つ。

離婚するのであれば状況をハッキリさせたい・・・・

親権を取りたい・・・・

調査結果は呆れるものであった。

奥さんは浮気相手のところの入り浸り。

夕方、家に戻り、簡単な夕食を作ってはご主人の帰宅前に出掛ける。

そしてまた浮気相手のところに行くのである。

その後、夜遅くに家に帰るのである。

探偵は以上をご主人に報告する。

ご主人は奥さんに事実を知ったことを静かに告げる。

奥さんは言い訳をして開き直り。

挙句の果てに逆上する。

それでもご主人は「 子供だけはおいていけ 」と静かに繰り返すだけだった。

奥さんも弁護士などに相談したのだが浮気をするために

小さな子供たちを置き去りにしたことで親権は不利と言われたようである。

その後、奥さんも親権は諦めた。

このご主人は探偵に最後まで愚痴を言わなかった。

探偵に一言だけ言ったことは、

「彼女と結婚したのも運命です、そうでなければ

子供たちは今、存在していないのですから」

その後、ご主人は朝早く起きては子供たちのご飯を作り、あわただしく出勤する。

夜は急いで帰宅し、夕食を作る。

先日、探偵がお会いした時にご主人は

「これも自分の人生です。これからもがんばりますよ」と笑顔でお話をされていた。

探偵はこのご主人に男のかっこのつけ方を学びました。

 

(株)アイシン興信所 帯広市ホームページ

探偵事務所・中札内村のつぶやき話 探偵の日々

(株)アイシン探偵事務所  代表の高橋です。

当社は中札内村を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

今回は私の日常についての話。

今日は富良野のホテルに午後9時にチェックイン。

やっと一息ついています。

とにかく北海道は広いです。

函館から根室までの移動などは車で900キロの移動です。

先日は函館を夜に出発し、仮眠を取りながら昼に根室に到着する。

それぞれに個別の調査員を配置しているのですが、

やはり私が調査現場を周り、調査員にそれまでの

調査経過を確認し、次の指示を出す。

また、依頼人との都度の報告も電話ではなく、私が直接に面談報告を致します。

とにかく北海道中を走り回ります。

私の車は年間7万キロを走行し、2年で入れ替えをします。

年間、ホテルでの宿泊は120日を越えます。

それも現地に入っての予定が夜にならないと分からないため、

空いているホテルを捜すのも一苦労です。

以前は拠点のある札幌近郊だけの調査を承って降りましたが、

10年前、ある漁村からのご相談を頂いた。

内容はある探偵社に夫の浮気調査を頼んだのだが、

東京から調査員が来て、3日間の調査。

北海道の慣習も分からず、その漁村の町で

明らかに違和感のある行動をその探偵が取ってしまい、

調査対象者に気づかれてしまったそうだ。

そのような結果で請求金額が200万円・・・

その依頼人は知人を通じて当社にご連絡がきたのであった。

営業面だけを考えると地方の調査は非効率で会社運営上は好ましくない。

でも探偵は都市に住んでいる人たちだけが必要なのではない。

北海道を知らない素人探偵に北海道の調査を

させるわけにいかないと勝手に思い込み、

それからは北海道であればどこでも当社が調査を承ろうと思ったのです。

それから10年。

そろそろ体がきつくなってきましたが、

私の体が動くうちは北海道中を走り回ります。

 

(株)アイシン探偵事務所  ホームページ

探偵(興信所)中札内村のつぶやき話 浮気が発覚した時の話

浮気が発覚した時の話。

浮気が配偶者に発覚。

時に夫婦関係が修復不可能な場合もあります。

そんな時、いかにお互いが納得する落としどころをみつけるが

解決のポイントになります。

浮気をされた方は感情が先立ち、浮気を行った方は苦しい自分の言い訳を繰り返す。

話し合いがつかなければ調停、裁判と進みます。

仮に裁判になりますと基本的に公開裁判になります。

一部、非公開に進むこともありますが、

やはり公開を前提で覚悟しなければなりません。

不貞行為においての裁判は場合によっては一年以上の期間がかかります。

公判のたびに全く関係のない傍聴、

他人に夫婦のあらいざらい話、ののしりあいを見せるのです。

裁判は被告、原告の双方を疲れさせ、傷つけます。

出来ることであれば浮気をした側は自分の最大限の誠意を提示し、

浮気をされた側は感情を落ち着かせて話し合いをする。

他人で第三者である裁判官に結論を出させるのではなく、

一度は愛し合った夫婦で最後の決定はしたいですね。

 

 

(株)アイシン探偵事務所 ホームページ