興信所・東川町のつぶやき話 不倫旅行でのシティーホテルの利用はご用心・・・

(株)アイシン興信所  代表の高橋です。

当社は東川町を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

不倫カップルは通常、人目を忍んでラブホテルを利用する。

だが旅行などの場合、解放感からシティーホテルを利用することがある。

探偵としてはラブホテルの出入りにおいては

裁判においても目的の断定(SEX目的)がしやすい。

だがラブホテルは一般的に脇道を入ったところに出入り口がある。

その場合、出入りを押さえるための張り込みが困難な場合がある。

だがシティホテルの場合は対象者と同じホテルにチェックインする。

当然、対象者たちがフロントでチェックインするところ、

チェックアウトするところの映像は客観的な証拠になる。

その張り込みもホテルのロビーで可能である。

また意外とシティーホテルは防音が薄いのである。

調査対象者の部屋の声や音が探偵の特殊機材を

使わなくとも廊下に響いているため録音が可能である。

当然、不倫カップルたちは旅の解放感からホテルでの性交渉をする。

その音声を部屋の前で通常機材で録音が可能である。

当然、その録音は裁判でも重要な証拠になります。

不倫旅行でのシティーホテルの利用はご用心・・・

探偵がアナタの隣部屋やロビーにいるのかも・・・・

 

 

(株)アイシン興信所 ホームページ

探偵事務所・東川町のつぶやき話 悩むことから考えることへ

今、配偶者の浮気や離婚問題に直面している方へ。

突然の配偶者の浮気や離婚。

アナタに不安や怒りなど様々な感情が押し寄せてきます。

アナタは受け入れられない状況において悩みのスパイラルに入ってしまう。

ですが、悩みはどこまで行っても悩んでいるにすぎません。

一定期間、「悩んだ」あとは「考える」に移行してください。

「考えること」には結論が出てきます。

アナタが直面している状況の自分なりの解決の方向性を考えてください。

問題解決は悩むことから考えることへ。

たかが探偵のアドバイスでした。

 

 

(株)アイシン探偵事務所 ホームページ

探偵(興信所)東川町のつぶやき話 自分の本心について

自分の本心について。

当社には毎日、たくさんのご相談をいただきます。

配偶者の浮気をご相談される方の中に

「浮気の証拠を取ってもらい、慰謝料をもらい、すぐにでも離婚をしたい」との方が多いです。

ですが、そのようにお話をされる方の多くが本心と逆なのです。

裏切られた自分から「離婚はしたくない」とは言いたくない。

これ以上、自分が惨めになりたくない。

だが、ここで今一度、考えていただきたいのが

アナタは被害者であるということです。

被害者のアナタがこれからのことを決めてよいのです。

自分の素直な思いを通してよいのです。

本心が「離婚をしたくない」のであれば、

浮気相手に弁護士を使い、交際中止命令を出すこともできます。

まずは自分の本心を自分に聞いてみてください。

繰り返しになりますが、被害者のアナタは虚栄や意地を張らず、

自分の本心を確かめ、その本心を行動にする権利があるのです。

 

 

(株)アイシン探偵事務所 ホームページ