興信所・名寄市のつぶやき話 開き直る相手に対しての対処について

(株)アイシン興信所  代表の高橋です。

当社は名寄市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

今回は浮気をしておいて開き直る相手に対しての対処について。

例えば夫の浮気が発覚。

妻が探偵に調査を依頼する。

夫の浮気状況とその浮気相手の女性が判明する。

妻が浮気を問いただすと夫は開き直り、自宅を出ていき、別居をする。

浮気相手の女性も「証拠があるのか?」と開き直り。

本来は相手が開き直った場合、覚悟を持って訴訟に踏み切るべきなのだが

状況によっては時を待たねばならない時がある。

子供が小さかったり、その他の事情によって

単純に慰謝料を取って離婚ができない場合もある。

また自分自身が離婚に納得していない場合もある。

でも相手は開き直って浮気を止めようともしない。

そのよう時は着実に浮気が継続されていることを調べておく。

別居をしていても夫の動きは確認しておく。

当然、浮気相手の状況もである。

また重要なのが、そのことを定期的に相手に告知することである。

基本的に有責配偶者(浮気をしている方)からの離婚は認められないが、

数年後に「すでに婚姻関係が破綻している」との相手の主張を退けるためにも

「アナタ達の浮気は許しません」と言っておくのです。

またその浮気相手に対しても「夫との浮気は許しません」と告知しておく。

その上で不貞行為が継続した場合、

時期が来た時の訴訟においては責任の重さを強調できます。

浮気相手とのやり取りはボイスレコーダーに記録してください。

時に浮気相手の嘘や虚勢を言わせておくのも切り札になります。

 

 

(株)アイシン興信所 名寄市ホームページ

探偵事務所・名寄市のつぶやき話 後悔のない離婚について

後悔のない離婚についての話。

最初にお話ししたいことがあります。

「離婚届を役所に出した後では何もできない」ということです。

ときには相手が浮気をしていることが分かっていても、

あえてそのことに触れず、離婚を選択することもあります。

それも一つの選択です。

ですが、配偶者の浮気を疑いながらも話し合いの流れで離婚をしてしまう。

その後、相手の浮気が完全に発覚してしまう。

その時、アナタに怒りがわいてくる。

だが全く遅いのです。

役所に離婚届けを出した瞬間に他人なったのです。

厳密にいえば、婚姻期間中の不貞(浮気)行為が

立証できれば訴訟を起こすことができます。

ですが、勝訴することは極めて困難です。

離婚は人生の大きな岐路です。

後悔のない離婚をしてください。

 

 

(株)アイシン探偵事務所 名寄市ホームページ

探偵(興信所)名寄のつぶやき話 我慢の時期について

我慢の時期についてのお話。

当社には毎日、浮気や離婚で悩んでいる方からのご相談をたくさんいただきます。

信じていた配偶者に裏切られ、突然の不幸が自分を襲ってくる。

「自分が何をしたの?」

「自分の何が悪いの?」

「どうして自分だけが?」

当然、悪いのはアナタを裏切った相手です。

ですが、今はアナタ自身のこの悩みを解決しなければなりません。

悩みの解決は時に時間が必要なことがあります。

そこで自分に「今は我慢の時なのだ」と割り切ってしまう。

人生においてどんな人も辛い時はあるものです。

アナタから見てどんなに幸せそうに見える人でもきっと辛い時はあるはず。

この我慢の時期が終わるのを割り切って待ちましょう。

 

 

(株)アイシン探偵事務所  名寄市ホームページ