興信所・下川町のつぶやき話 離婚の合意は公正証書にする・・・

(株)アイシン興信所  代表の高橋です。

当社は下川町を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

今回は公正証書について。

例えば夫の浮気疑惑・・・

探偵社に依頼し、浮気状況を確認し、証拠を得る。

その後、夫婦間の話し合いや家族を交えての協議をする。

ここで重要なことが、お互いの合意事項を公正証書にすることです。

「 覚書 」 「 念書 」 「 誓約書 」は口約束に等しいものです。

養育費や面接交渉、慰謝料の金額と支払い方法などは

公証人役場に行き、「 公正証書 」にすることが大切です。

公正証書にしておけば相手が約束事を履行しない場合、

裁判をせずとも給与などの強制執行が可能になるのです。

後で煩わしい思いをするより、必ず公正証書にしておきましょう。

 

 

(株)アイシン興信所 ホームページ

探偵事務所・下川町のつぶやき話 言葉は言霊(コトダマ)

毎日、色々な問題ごとのご相談をいただきます。

浮気や離婚、失業などなど。

悩みで疲れきった相談者から出てくる言葉はやはり「疲れきった言葉」が多い。

「もうどうしようもありません」

「何もする気が起きない」

「どうなってもかまわない」

「気力が出ません」などなど。

私は辛い時だからこそ、言葉を選んでいただきたいと思います。

「まだまだ負けない」

「勝負はこれから」

「もうひと頑張りしよう」

「なるようにするんだ」と。

言葉は言霊(コトダマ)。

言葉には力があります。

辛い時、弱っている時こそ、言葉を選んで使ってみてください。

たかが探偵のアドバイスです。

 

 

(株)アイシン探偵事務所  ホームページ

探偵(興信所)下川町のつぶやき話 浮気調査での証拠について

浮気調査での証拠についての話。

浮気の証拠については、アナタが何を証明したいかによって変わります。

また、目的によっても調査方法、調査着眼点、

調査期間なども考えなくてはなりません。

例えば、単純に相手と浮気相手の

接触確認なのか?

または離婚を前提に慰謝料請求証拠なのか?

自分の配偶者はもとより、浮気相手への慰謝料の要求も前提なのか?

仮に浮気相手に対しての慰謝料請求をするのであれば、

その人物の身元確認も必要になります。

弁護士や裁判所の書面送達するにおいても

相手の正確な住所・氏名の確認は必要になります。

また、強制執行する際に相手の勤務先も調べておくこともやはり必要です。

不安や焦りで闇雲に探偵社に浮気調査を依頼するのではなく、

アナタがこの浮気問題の解決の方向性をどのようにするのかを

まずは考える必要があります。

私の主観ですが、できることであれば、我々、探偵の浮気調査が

夫婦の再構築につながることを望みます。

 

 

(株)アイシン探偵事務所 ホームページ